おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【文具店めぐり】徳島県最大規模といわれる文具店「文具館チャーリー沖浜店」に行ってきた

時間があればいろいろな文具店に足を運んでいるが、出張や旅行で出かけた時にもぶらっと地元の文具店に行ってみることがある。今回は旅行で四国へ行ってきた際に、「徳島県最大規模」と言われる文具店を覗いてきた。

徳島市内の充実した文具店「文具館チャーリー」

f:id:polepole103:20160827153421j:plain

今回足を運んだのは、徳島県の県庁所在地徳島市内にある「文具館チャーリー 沖浜店」というお店。徳島市に本社のあるAXAS Co.(アクサス)が運営している店舗で、ネットなどでも”たいがいの文房具は揃っている”という評判のお店だ。

AXASは徳島県を拠点として数多くの店舗を展開している総合企業で、店舗もドラッグストア、リカーショップ、インテリアショップ、スポーツ用品店となど多種多様だ。

f:id:polepole103:20160827153559j:plain

その中でも文具館は徳島市内に2店舗展開しており、広い店内は用途ごとに文房具類が分類されていて分かりやすい。ボールペン、シャープペンシル、ファイル類など数多くの商品が並んでいるが、定番物から新商品まで売れ筋の商品がきちんと揃っているという印象だ。

f:id:polepole103:20160827153733j:plain

入口奥には天体望遠鏡などが特設コーナーとして置いてあり、夏休みならではの企画だなと感じた。こういった季節ごとの企画をきちんと立てているというのは、繁盛しているお店ならではだなと思う。

f:id:polepole103:20160827153638j:plain

商品が種類ごとに並べられているだけではなく、例えば「NOTEBOOK」のロゴが入った小銭入れやブックカバーなどがシリーズで並べられているなど、「おっ?」と思わせられるような展示も楽しい。

f:id:polepole103:20160827154630j:plain

店舗の中央に定番商品が分かりやすく並んでおり、それを取り囲むように壁際にはビジネスコーナーや高級文具コーナーなど目的別の商品配置が行われている。

デザイン・専門用具コーナーには画材やデザイン用品が用意されており、様々な目的に対応出来る品揃えが素晴らしい。デザインなどを専門としている人であれば、ここに来れば欲しいものが必ず揃うだろうなと感じた。

また、2階フロアでは今月末まで「文房具・雑貨全品50%off」のセールを行っており、モレスキンなど有名文具が半額になるという豪華さ。私も欲しい文房具をいくつか半額で買わせていただいた。

初めて訪れた徳島市で覗いた文具店は、さすがに「徳島県最大規模」と言われるだけのことがある充実したお店だった。

■文具館チャーリー沖浜店
徳島県吉野川市鴨島町中島字大止489-3
TEL:0883-36-1111
営業時間 10:00~20:00

文具店の良さは規模や品数だけではない

f:id:polepole103:20160827154456j:plain

今回、「文具店チャーリー沖浜店」を訪れてみて感じたのは、買い物客の年齢層が幅広いことだった。小学生と親御さん、中学生同士、高齢者などなど、いろいろな方がひっきりなしに訪れていた。

キャラクター雑貨が並んだコーナーでは小学生が目を輝かせて商品を選び、筆記具コーナーでは大学生と思しき数名が真剣にシャープペンシルを選び、専門用品コーナーでは高齢の方がデザイン用のペンを見比べているというような感じだ。

店舗の規模で言えば全国にはもっと大きな文具店があるだろうし、そういった店舗では品数もさらに多いだろう。しかし、大規模な文具店の中には親近感というものが薄くなってしまうお店もある。

その点、文具店チャーリーではマスキングテープのコーナーでは古い木箱や紙箱を利用して展示してあるほか、店内の随所に手書きのポップカードが取り付けられているのが印象的だった。こういった手作り感というのはお店を温かい雰囲気にするだろうし、気軽に色々な商品をのんびりと眺めることにもつながるような気がする。

文房具好きだからかもしれないが、文具店に行くのは「必要なものがある時」だけではなく「なんとなく覗いてみたい」という時もある。そんな時にはこういった手書きのポップなど、ちょっとしたことに温かさを感じて良い。

小さいながらも人気のある文具店は、必ずと言って良いほど訪れた人を歓迎する温かさがあるものだ。人気のある店舗というは、お店の規模ではなく品数ではなく、おもてなしの心が来客者に届いている店舗なんだろうと思う。