読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

新潟で出会った美味しいコーヒーと居心地の良い空間を楽しめる「ツバメコーヒー」

 コーヒー好きで一日に何杯も飲んでしまうが、ただゴクゴクと飲むだけではなくてのんびりとした空間でゆったりと飲むのが幸せを感じるひと時だ。先日出かけた新潟県燕市で、雑貨も楽しめてのんびりと過ごせる居心地の良いカフェに出会った。

居心地の良いカフェ「ツバメコーヒー」

 Facebookでもフォローしていて、一度は行きたいなと思っていた新潟県燕市の「ツバメコーヒー」。今回ご縁があって訪れることができた。

f:id:polepole103:20150820214533j:plain

http://www.week.co.jp/gourmet/127537/

 おしゃれな外観は、一見しただけではここがカフェだとは思えないぐらいで、しっかりと場所を調べてこないと通り過ぎてしまうかもしれない。

f:id:polepole103:20150819131133j:plain

 ここはヘアーサロン「パリスラヴィサント」のオーナーが経営するカフェで、建物の中でヘアーサロンとつながっている。入り口を入るとコーヒーの香りが漂ってきて、コーヒー好きならこの時点でワクワクしてしまう。

f:id:polepole103:20150820215106j:plain

https://www.facebook.com/tsubame.coffee

f:id:polepole103:20150819131402j:plain

 入り口を入ると右側にカフェカウンターがあり、左側には書斎のような居心地の良い空間が広がっている。窓からは明るい庭を見ることができて、美味しいコーヒーを飲みながらのんびりとした時間を過ごすことができる。

f:id:polepole103:20150819132633j:plain

 深入りコーヒーをお願いしたら、こんなに可愛いクッキーもご馳走になった。なみなみと注がれたコーヒーは、コクがあって味わい深くてとても美味しい一杯だった。次に燕市を訪れることがあったら、ぜひもう一度この居心地の良い空間でゆっくりと美味しいコーヒーを飲んでみたい。

f:id:polepole103:20150819132726j:plain

ツバメコーヒー

住所 新潟県燕市吉田2760-1
電話 070-5371-3514
営業時間 11:00-18:00
定休日 火曜・水曜(臨時休業等はサイトでご確認ください)
https://www.facebook.com/tsubame.coffee

隣のショップも充実している

f:id:polepole103:20150819131039j:plain

 ツバメコーヒーと続き部屋になっているショップには、コーヒーや手ぬぐいなどいろいろなものがセンス良く並べられている。ちょっとした雑貨屋さんよりも素敵な空間で、カフェ、ショップ、ヘアーサロンと一続きになっているのが面白い。

 ここに来ると一度にいろいろなものが楽しめるという、とても素敵で居心地の良い空間だ。

f:id:polepole103:20150819131111j:plain

f:id:polepole103:20150819131055j:plain

f:id:polepole103:20150819131442j:plain

 ドリップコーヒーやアイスコーヒー、コーヒーグッズにパンケーキの粉など、コーヒーを楽しむ人にとってはどれもこれも欲しくなるような品物だらけだ。コーヒーを注文してからできあがるまでの時間を、ここでブラブラと商品を見て歩くのも楽しい。

大好きな商品を思いがけず見つけた

f:id:polepole103:20150819131345j:plain

f:id:polepole103:20150819131322j:plain

 奥の方には私の大好きな「つばめキャンドル」の商品も置いてあり、思いがけないところで大好きな商品に出会えて大喜びしてしまった。ここは、個人的に「大好き」がたくさん詰まった素敵な空間だった。

居心地の良いカフェとは

 居心地の良いカフェとは人によって様々だろうが、私にとっては「ゆったりとしている」ということが一番の条件だ。空間的に広いということではなく、流れている時間がゆったりとしているということが大切だと思う。

 それは、調度品の種類であったり流れている音楽であったりと、かなり感覚的な部分なので表現するのが難しいが、チェーン店のカフェでは絶対に味わうことのできないものだと思う。

 そう考えると、オーナーのセンスやオーナー自身が持ち合わせている雰囲気がそのままお店の雰囲気として反映されるので、お店の魅力というものはそのままオーナーの魅力といっても過言ではないかもしれない。

 素敵なお店に出会うということは、素敵な人と出会うということと同義語なのかなとも考えた。