読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

革製のペンケースを買ってモチベーションをあげる/革工房いんのしまペンケース

 道具というのはとても大切なもので、私のように文房具好きだとちょっとした道具(文房具)でグンとモチベーションがあがることがある。それも数千円の道具でモチベーションがグンとあがるというのだから、我ながら安上がりだなと思う。今回も持っているだけで気分が上向きになる道具を購入した。

■革製のペンケースを持ち歩く

f:id:polepole103:20150211082228j:plain

 今回買い求めたのが「革工房いんのしま ペンケース」というペンケース。万年筆やボールペンなどお気に入りの筆記用具を入れて、クルクルっと巻いて持ち運ぶ道具だ。四角いペンケースの購入も考えたが、単なる好みとして「クルクルっと巻く」という部分に惹かれた。

f:id:polepole103:20150211211946j:plain

 柔らかい革でできたこのペンケースは、手触りが良くて場所も取らない。また、ペンを入れる部分が少々浅いためペン同士がぶつかってしまうことも懸念したが、実際にペンを入れて巻いてみるとそういうこともない。

 それほど高価な筆記用具は持っていないものの、持ち歩くだけで傷がつくのでは困るので、こういった配慮というのは嬉しい。革製なので価格以上に高級感があるのも持ち歩いていて楽しい。

■文房具類は汎用品の3倍の価格でグレードアップする

f:id:polepole103:20150211212351j:plain

 ペンケースやノート、名刺入れなど普段持ち歩く道具というのは意外と多い。デスクに置いて使う道具に比べて頻繁に使うため、痛みも早くついつい安価なものに手を出してしまうこともある。

 しかし、頻繁に使う道具だからこそ良いものを持ち歩くことで耐久性が増し、結果としてコストパフォーマンスも上がるのではないかと思っている。いわゆる「安物買いの銭失い」になることを懸念してのことだ。

 だからといって高価なブランド品をそろえる必要はなく、普段買っている道具の値段よりも少しだけ高いものを買うだけで品質はガラッと変わってくる。普段500円のシャーペンを使っているのなら1500円のものを、1000円のペンケースを使っているのなら3000円のものをというように、普段買っている価格の3倍程度のものを買うとかなりグレードアップすること間違いなしだ。

 感覚的な言い方で恐縮だが、文房具類の場合には価格が汎用品の3倍するものを買うとワンランクグレードアップできると思う。さらに汎用品の5倍にまで価格帯を広げると、後生大事に持ち歩きたくなるような立派な道具が手に入るのではないだろうか。

 千円の万年筆が使いやすかったら、次は3千円から5千円の万年筆を買い求めてみる。いきなり数万円の万年筆を買うよりもそのほうが安全だということもあるし、所有欲を満たすという意味でも段階を踏むというのは効果的だ。

■できるだけ現物を触ってから購入する

 最近はAmazonや楽天市場を代表とするネット販売が中心となっていて、現物を手に取ることなく口コミなどを見て品物の良し悪しを判断することがある。それも間違いではないが、本当に欲しいものはできるだけ現物を手に取ってみたほうが良い。

 ネットの口コミはあくまでも個人の感想だし、自分が買ったものは無条件で良く思えるというハロー効果も考えられる。手触りや使い心地の好みというのは人によって千差万別なので、どんなに評判が良くても実際に触ってみたら「あれっ?なんか違う」と思うことがあるからだ。

 数千円とはいえ普段使いのものよりも数倍するものを購入するのだから、可能な限り実物を手に取ってみてから購入を考える。そうすることで買い物の失敗をある程度は回避することができるのではないだろうか。

 そうなると、なんでも揃う大型文具店や大型書店の存在は大きいので、そういったお店を常にチェックすることも怠らないようにしたい。文房具好きな方はそういった労力はいとわないだろうし、足を運べば運んだだけの成果は必ずあると思う。


本好き、文房具好きにはたまらない!「コーチャンフォー若葉台店」に行ってきた - おやこでポレポレ