気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

干支バージョンを求めて吉祥寺の紅茶専門店「カレルチャペック紅茶店本店」へ

2021年のお正月は暦の関係で4日から仕事という方も多いのではないだろうか。私もその一人だ。毎年、暮れは慌ただしくすぎて気がつけはお正月というパターンが多いので、お正月に飲む紅茶を暮れのうちに買いに行った。毎年年末年始に訪れる大好きな紅茶専門店では、干支バージョンのパッケージが販売されているのが楽しみだ。

吉祥寺のおしゃれな紅茶専門店

f:id:polepole103:20210103181214j:plain

年に何回かご紹介しているのが、東京吉祥寺にある紅茶専門店「カレルチャペック紅茶店」。通常の紅茶だけではなくノンカフェインの紅茶や八女茶とのコラボなど、他にはないフレーバーを出しているお店なので、紅茶好きの方にはお馴染みのお店だろう。

吉祥寺駅北口を出て西に歩き、ユニクロ横の商店街をしばらく歩いて細い路地を右に曲がるとお店がある。小さい路地なので行きすぎてしまいがちだが、曲がった先にはカレルチャベックのシンボル『ミツバチのバジー』が出迎えてくれる。

f:id:polepole103:20210103181807j:plain

毎年、その年の干支に合わせた新商品が発売されるのだが、2021年の干支である丑にちなんだ商品は「ピーチ&ローズ」のフレーバーだった。

f:id:polepole103:20210103181921j:plain

イヤーズポーチはティーバッグが5枚入って1080円也。妻へのお土産として一つ買わせていただいた。その他にも定番商品から新商品までさまざまな商品が並んでいて、紅茶好きにはたまらない品揃えだと思う。

コロナ禍でなかなか外出もままならないが、カレルチャペック紅茶店本店の周辺は開店の11時から昼過ぎまでは土日でも人通りが少なくてお店も空いているので、その時間を狙って足を運ぶのが良いかもしれない。家でほっとした時に飲む紅茶は、ちょっとした贅沢だなと思う。

新商品に目を引かれる

f:id:polepole103:20210103203539j:plain

カレルチャペックには年に数回しか行けないので、行くたびに毎回新しい商品が出ていて目を楽しませてくれる。写真は最近発売された「あんこバター」という商品で、トーストなどに塗って食べると絶妙の美味しさだ。紅茶ともぴったりだ。

f:id:polepole103:20210103203732j:plain

お店の奥の小部屋に行くと、藤の入れ物に薄いパッケージの商品がドサリと入っていた。

f:id:polepole103:20210103203841j:plain

良く見ると合格祈願の紅茶パッケージだった。これから受験シーズンなので、受験生のいらっしゃるお宅にプレゼントするのも良いかもしれない。
それほど広い店内ではないが、棚からテーブルまでいろいろな商品が置いてあって楽しい。最近はのんびりと買い物ができる環境ではないが、近くまでいったらさっと見るだけでも楽しいと思う。

■「吉祥寺本店 KAREL TEA LIBRARY」

 住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-5
電話 0422-23-0488
営業時間 11:00~20:00

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
”いいね”と思ったらポチッとお願いします!