気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

やはり「SMA・STA(スマ・スタ)」は次に人気となる自立型ペンケースなのか?

休日に時間があるときには、特に用事がなくても大型文具店に立ち寄っている。用事がないからこそいろいろな商品をじっくりと見られるし、売り場全体を俯瞰して見ることもできる。そうすることで、不思議といま人気の商品やお店が売りたい商品が見えてくるから面白い。

ドーンと並べられた自立型ペンケース

売り場のディスプレイ状況を見ると、現在の売れ筋商品とイチオシ商品が良くわかる。当然のことながら、そういった商品は目立つ場所に面積を確保してディスプレイしてあるからだ。

f:id:polepole103:20171031184434j:plain

先日訪れた大型文具店では、ペンやペンケースのコーナーの一番目立つ場所に「スマ・スタ 立つペンケース」が置かれていた。通路を歩いてきた角にあり、視線の高さに商品が並べられていて目立つ。

f:id:polepole103:20170923224645j:plain
http://www.sonic-s.co.jp/product/FD-7041

「SMA・STA」は大阪に本社がある文具・ジムメーカーのソニック社が開発したペンケースだ。ソニック社は学童向けの文房具類を製造・販売している会社だが、今回はターゲットを大人向けにしている。

f:id:polepole103:20170923224736j:plain
http://www.sonic-s.co.jp/pickup/10282

蓋の部分にスマホがすっぽり入るというのも、大人向けの商品としてはポイントの高い部分だろう。仕事でもプライベートでもスマホは手放せないデバイスになっているので、立てて置いておけるのはちょっとしたことながら便利な仕様だ。

さらに、ペンではなくパソコン周りのコード類やイヤホンなどを入れて持ち歩くという使い方もある。カラーバリエーションは、オレンジ、バイオレット、ブラック、ブルー、ライトブルーの5色。好きな色を選んでケーブル入れとして使うのもありだ。

f:id:polepole103:20171031184837j:plain

また、フラットなタイプやスリムなタイプもあるので、バッグの中でかさばりたくないという方であればこちらを使うという選択もあるだろう。アイデアひとつで色々な使い方のできるこの商品は、これから人気が出てくるのではないだろうか。

自立するペンケースが好まれる理由

f:id:polepole103:20171031185459j:plain
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/neo-critz/

自立するペンケースが人気だが、火付け役は何と言ってもコクヨの「ネオクリッツ」だろう。累計約300万個以上を売り上げているというこの商品は、バリエーションも豊富で学生から社会人まで多くの人に愛用されている。他社が追いかけるように自立するペンケースを発売しているが、まだまだ他の追随を許さなという感じだ。

それでも、サンスター文具の「デルデ」やリヒトラブの「スタンドペンケース(動物シリーズ)」など、他社の自立型ペンケースもなかなかの人気だし、自立型以外のペンケースも売れ行きが順調なようだ。

自立型ペンケースがここまで人気になったのは、一つは机の大きさの問題だろう。もともと「オフィスで、リビングで、カフェで」というキャッチフレーズのとおり、場所を選ばず使えるという点を訴求した商品だ。自宅やオフィスのデスクであればそれなり広くて引き出しも使えるが、会議テーブルやカフェなど使うときにはどうしても狭い場所で使うことになる。

狭い場所でペンケースを使うときにはスリムのものを置くという方法もあるが、そこに「立てる」という発想を持ってきたところが斬新でヒットしている点だろう。また、デスクのペン立てをそのまま持ち歩ける感覚なので、お気に入りのペンをいつでも使えるという良さもある。

ペンケースは多種多様に進化してきているが、自立式ペンケースはもう少し色々なバージョンで文具好きを楽しませてくれるだろうと思う。