気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

軽快な入力のために「ロジクール K835GPR 有線 メカニカルキーボード」を使い始めた

在宅勤務も増えてきたが、リモートアクセスで会社につなぐ時にワイヤレスキーボードの挙動が怪しくなる時がある。理由は良くわからないのだが、USBポートにアクセス用の専用機器をつなぐ必要があるのでそれが干渉しているのかもしれない。急いで作業をする時に不便なので、試しにマウスとキーボードを有線にするとともに、キーボードは以前から使いたかったメカニカルキーボードを購入して使い始めた。

ロジクールのメカニカルキーボード

今回購入したのは、ロジクールの「K835GPR メカニカルキーボード」という商品。キーの仕組みが「赤軸」と呼ばれている方式のキーボードで、「なめらかな打鍵感のキーはストローク音も比較的小さく、標準~速いキーストロークの方におすすめ」とのことだった。ほかにも「青軸」と呼ばれるタイプがあって、こちらは「キーの押下感触をしっかりと感じられるキータイプの青軸(クリッキ―)スイッチを採用。かちっとしたタイピング感覚と音を楽しみたい方におすすめ」のようだ。

ボディは硬くて丈夫な陽極酸化アルミニウムが採用されていて、質感も重厚で重々しい雰囲気が良い。また、テンキーが無いのでコンパクトに使えるところも気に入った点のひとつだ。

トラックボールマウスと一緒に使うと、小さなデスクでも余裕をもって使えるのが良い。また、実際にタイピングしてみると思った以上に音が出るものの、キータッチはカチッとしていて叩きやすい。

今まで静音タイプのキーボードを使っていたので、余計に音が大きく感じるのかもしれないが、会社で使うと隣の人が少し気になるレベルかなとは感じた。

なお、キーの説明や使い方は梱包されてきた箱に記載されているので、すぐに捨てずに切り取ったり写真に撮っておいたりするのが良いだろう。環境に配慮して説明書が省かれているのだとは思うが、うっかりすると見逃してしまいそうな表示方法だ。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!