おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

特製の「測量野帳」に「カラーゴムテープ」でささやかなカスタマイズ

測量野帳はコクヨが発売しているシンプルな手帳だが、シンプルなだけに様々なカスタマイズを楽しんでいる方が大勢いらっしゃる。私も革のカバーを使ったり簡易なゴムでページを抑えたりしているが、少しだけ手間をかけたカスタマイズを行なってみた。 

カラーゴムテープを使ったカスタマイズ

f:id:polepole103:20180311154431j:plain

先日訪問した原宿のコクヨ直営店「THINK OF THINGS」。おしゃれなカフェにコクヨ商品が飾られて販売されているが、そこで売られていた黄色の測量野帳などを買って帰ってきた。この店舗特製の商品だ。

今までも測量野帳はカバンに入れてメモとして使っていたが、ページが開いてしまうと中身が折れてしまって使いにくくなることがあった。また、見た目もよろしくない。そこで、店内に飾ってあった測量野帳のカスタマイズ版を参考にして、測量野帳にゴムバンドを取り付けてみることにした。

取り付けるゴムバンドは「キングスパンカラーゴムテープ 6ミリ巾」というオーソドックスなもの。手芸店などに必ずと言って良いほど置いてある定番の商品だ。

切って差し込んで止めるだけの簡単カスタマイズ

f:id:polepole103:20180311211213j:plain

測量野帳ファンは多いため、カスタマイズに関してもWebで色々な情報を捕まえることができる。その中でも「ゴムバンドを取り付ける」という方法はとてもベーシックで、見た目も含めて効果が高いようだ。

ゴムバンドの取り付け方法としては、ハトメで止める方法やゴムバンドとクリップが一つになった道具を取り付ける方法など様々だが、今回は裏表紙に切れ込みを入れてゴムバンドを通すという方法を試してみた。

まずは切れ込みを入れる部分をシャープペンシルでマーキング。表紙の文字が隠れないギリギリの位置として、短辺から3cm、長辺から2.5cmの位置に6mm幅の線を引く。切れ込みの幅はゴムバンドの幅よりも微妙に小さい方が、出来上がった時に見た目で綺麗で良い。  

f:id:polepole103:20180311211230j:plain

線が引けたらカッターナイフで丁寧に切り込みを入れていく。表から刃を入れたら裏側からも刃を入れるなど、少しずつ丁寧に切れ込みを入れていくと綺麗に仕上がる。自信がない人は、古い測量野帳で試してみるのも良いだろう。私も試しに今使っている古い測量野帳で予行練習を行なった。 

f:id:polepole103:20180311211246j:plain

切れ込みが入ったらカラーゴムテープを表から入れ、裏側から引っ張って折り返す。先端を入れて裏側から引くだけでなく、表からシャープペンシルなどで押し込むと簡単に入れることができる。

f:id:polepole103:20180311211308j:plain

ゴムテープが引っ張られる方向と逆方向に折り返したら、白い製本テープでしっかりと止める。製本テープは思ったよりも丈夫なので、ゴムテープの上に貼っても抜けたり剥がれたりすることもなくて安心だ。

ただし、色付けの測量野帳では製本テープの色が目立ってしまうので、気になる方は製本テープのうえにシールなどを貼っても良いかもしれない。

f:id:polepole103:20180311211327j:plain

ゴムテープを取り付けることで、ビジネスバッグや内ポケットに入れてもページが折れてしまうということを多少なりとも防げるし、 チケットなどを挟んでも落ちにくくなった。ちょっとしたことだが効果的だ。

そもそも「測量野帳」ってなんだろう

文房具好きの方は皆さんご存知だし人気の商品だが、それほど文房具に馴染みのない方は「測量野帳とはなんだろう」と思われるかもしれない。

測量野帳はコクヨが1959年に発売を開始した手帳で、発売から60年近く売れ続けているという超ロングセラー商品だ。もともとは測量士が使うために作られた手帳で、現在も製品の種類としては製図用品に分類されている。

製図用品とはいえ、胸ポケットに入る大きさや立ったまま書くことができる固い表紙、書きやすい紙質などが人気となった。コストパフォーマンスの良さも手伝って、現在では一般的な手帳としてコンスタントに売れ続けている。

罫によっていくつかのタイプがあるが、私が愛用しているのは3mm方眼のスケッチブックというタイプだ。メモを取る時に絵文字や記号を多用するので、自由に描くことができるこのタイプが重宝している。

ページ数も手頃で薄いため、旅行の時やアウトドア遊びの時などにもポケットに入れておいても邪魔にならない。また、仕事でも測量野帳を使っていて、打合せの時や自分の考えをまとめる時などにさっと使えて便利だ。

コストパフォーマンスを考えると、これほど使い勝手の良い手帳はない。メインの手帳は他にあったとしても、ビジネスバッグなどに一冊入れておくと便利な手帳だと思う。

コクヨ 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3

コクヨ 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3