読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【文具店めぐり】欧米の雰囲気が漂う大手町の文具店「Neustadt brüder(ノイシュタット ブルーダー)」

文房具 文房具-店舗

 東京大手町と言えば日本有数のビジネス街。昨年8月には地下鉄大手町駅のすぐ真上にショッピングやレストランのある商業ビルがオープンし、ビジネス街としての機能が増しているように感じる。

 そんなビジネス街の地下商業エリアに、欧米の雰囲気が漂う文具類などを置いているちょっと素敵なお店があった。

■地下鉄直結の商業スペースにある文具店

f:id:polepole103:20141127145901j:plain

 地下鉄大手町駅は、東西線、丸ノ内線、千代田線、半蔵門線、三田線の各駅があるターミナル駅。それぞれの駅は別々の場所にあるが、東西線の改札を出た場所に地下から入れるのが「OOTEMORI(オーテモリ)」というビルだ。

 東西線から丸の内線に乗り換える時に通るビルだが、地下通路でつながっているので雨の時や暑い時、寒い時などにとても便利だ。

f:id:polepole103:20141127145939j:plain

 その地下通路にあるのが「Neustadt brüder(ノイシュタット ブルーダー)」という文具店。欧米の雰囲気が漂う店舗で、それほど広くはないものの楽しい文具類が所狭しと置かれている。

 店舗を訪れるのは通勤客やビジネスマンが多いからなのか、店内にはおしゃれな文具類だけではなく実用的な事務用文具も取り揃えられている。さすがはビジネス街の文具店だ。

 それにもかかわらず、店内には欧米の雰囲気が漂わせているというのも楽しい。

f:id:polepole103:20141130173141j:plain

(https://www.facebook.com/neustadt.bruder?fref=tsからの参照)

 このお店は京都にある雑貨店アンジェのニュースタイルショップとして運営されており、欧米のステーショナリーから日本製のものまで幅広く取り扱っているのも特徴の一つだ。

 また、店内には小さな書棚があり書籍も販売されている。置かれているのはコーヒーショップ紹介本や旅関連の本、ビジネス書など「通勤時にちょっと読みたくなるような本」ばかりだった。このあたりのセンスもとても良いなと感じた。

 仕事の帰りにちょっと寄りたくなる文具店。こんなスタイルのお店が近くにあれば毎日でも通いたいと思わせるお店だ。

■店舗情報

◇「Neustadt brüder(ノイシュタット ブルーダー)大手町店」

住所:千代田区大手町1-5-5 大手町タワー B2F
TEL:03-5224-6678
営業時間:月曜日〜金曜日 9:00−21:00
     日曜・休日 11:00−20:00
https://www.facebook.com/neustadt.bruder?fref=ts
http://www.angers.jp/neustadt_bruder/index.html