読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍などを日々更新中です!

ペタンペタンと必要な部分にだけ押せる「ニチバン てのり はんこのり」、便利なんです

文房具 文房具-おすすめ

テープのりには、小型のもの、幅広のもの、細長いものなどいろいろあるが、ちょっとだけのり止めをしたい時には案外不便だ。ピタッと止まってくれれば良いが、たいがいは思った以上に長くつけてしまったり、テープ自体が紙面にくっついてしまったりということになる。そんな時のために、ペタンと押せるテープのりがあると便利だ。

ハンコのように使える「はんこのり」  

f:id:polepole103:20160823212157j:plain

 セロテープで有名なニチバンが発売しているのが、ハンコのようにペタペタと押せる「てのり はんこのり」という商品。ディズニーの絵柄が入った可愛い商品もラインナップとして揃っている。

ニチバンといえばセロテープだけではなく、包帯などを止める医療用のテープを発売していたり、切り傷などを保護するテープを発売するなど生活の中に定着している商品を数多く世の中に出している。

その流れで考えればテープのりの販売もありなのだが、他メーカーとの差別化を図ることも大切だろう。その点では、他の商品との差別化が図れているなと感じた。

f:id:polepole103:20160823212227j:plain

一般的なテープのりの用途は、封筒のふたをとめたり切り抜きをノートに貼ったりすることだろう。そのためには「しっかりと接着する」ということが必要となる。

それに対して「はんこのり」は、レシートの仮止めやメモの簡易な接着などに向いている。「しっかりと接着する」のではなく「軽く接着する」という用途だ。仮に剥がれてしまっても構わないぐらいの接着度合いでも良いだろう。

f:id:polepole103:20160823212312j:plain

それでも押す部分を固定すれば、一般的なテープのりと同じ使い方ができるというのも便利だ。机の引き出しにひとつ入れておけば、けっこう重宝に使える商品だと思う。 

 テープのりも選り取り見取り

f:id:polepole103:20160806205541j:plain

”テープのり”という言葉で真っ先に思い浮かぶ商品が、コクヨの「ドットライナーシリーズ」。最近では「ドットライナー ワイド」という幅の広いタイプも発売されて、全15種類で累計8000万個を売り上げているというから驚く。

ドットライナーは文字どおり「のり」がドット状になっており、そのおかげで軽やかにローラーを引くことができる。また、ゆっくりとしたスピードで引いても、のり面が紙に張り付きにくいというのもドット状にした効果だろう。

f:id:polepole103:20151027213541j:plain

また、コンパクトなテープのりとしては「トンボ鉛筆 テープのり ピットスライド」も便利だ。使う時にはテープ保護部分がスライドして持ちやすくなるし、この大きさならペンケースなどにも入れておけるサイズだろう。

ただし、テープ保護部分は全てをカバーしてくれるわけではないので、小さめのビニール袋などに入れておいた方が良いと思う。

テープのりは文具メーカー各社から様々なタイプが発売されているので、用途や使うシーンによって選んで使うのが良いだろうし、そういうことを考えるのもまた楽しいなと思う。

コクヨ テープのり ドットライナー ワイド 本体 強粘着 タ-DM400-20

コクヨ テープのり ドットライナー ワイド 本体 強粘着 タ-DM400-20

 

【新商品情報】発売以来38年ぶりに新色を追加、速記用シャープペンシル「プレスマン」

文房具 文房具-おすすめ

文房具類の中には、長年販売され続けているロングセラー商品がいくつもある。ノートや手帳、万年筆やボールペンなどロングセラー商品のジャンルは様々だが、シャープペンシルにも発売以来40年近く販売されているものがある。そんなロングセラー商品の一つに、新たに魅力的なカラーバリエーションが追加されるようだ。

ロングセラー商品がカラフルになる 

f:id:polepole103:20160822140850j:plain

http://www.platinum-pen.co.jp/press_280825.html

 プラチナ万年筆が発売しているロングセラーのシャープペンシルが、速記用の「プレスマン シャープペン 速記用0.9mm」という商品だ。発売以来38年間売れ続けているというロングセラー商品だが、2016年9月1日にカラーバリエーションが追加となる。ロフトではすでに先行販売しているようだが、一般の小売店ではこれからのようだ。

「昭和レトロなカラー」と銘打たれた追加カラーは、白・赤・緑・青・黄の5色。ビビットな色合いは、昭和50年代の家電製品などにによくみられた色合いを参考にしているそうだ。

f:id:polepole103:20160826055048j:plain

 プレスマンが発売された1978年(昭和53年)当時は、新聞記者などが速記で記事を書き留めていて、鉛筆に代わる書きやすい筆記用具が求められていた時代だ。その時代はシャープペンシルもまだまだ機能的には発展途上だったと思うが、その中で「芯が折れにくくて書きやすいシャープペンシル」というのは貴重だったのだろうと思う。

発売以来、質実剛健な黒色だけで販売していたのには、「業務用」というイメージの強いプレスマンならではだろう。しかし、最近では太めのシャープペンシルが好まれる傾向にあることから、一般ユーザーをターゲットにしたカラーバリエーションの追加を行うのではないかと思われる。

ボディーカラーが変わるだけで商品の印象が随分と変わる。私なら緑に興味を惹かれるのだが、皆さんはいかがだろうか。

プラチナ プレスマン シャープペン 速記用0.9mm芯2B 2105010

プラチナ プレスマン シャープペン 速記用0.9mm芯2B 2105010

 

プラチナ万年筆ニュースリリース

機能の良さがロングセーラーの秘密

f:id:polepole103:20160826055243j:plain

写真手前がプレスマンで奥がLAMYのシャープペンシルだが、芯の太さが0.5mmと0.9mmとではこんなに違う。数字で見れば約2倍の太さなので当たり前のことだが、実際に書いてみると違いは明らかだ。

カリカリと書き込んでいく感覚の0.5mmに比べて、0.9mmはスラスラと紙の上を滑りながら書いていく感覚だ。速記用として開発された商品だけにそこが特徴であり、長く売れ続けている理由の一つだろう。

また、他のシャープペンシルに比べて重量が非常に軽い。ステッドラーの製図用シャープペンシルに比べると、プレスマンの重要は約半分の10gという軽さだ。速記用として「より早く正確に書く」ためには、軽さというのも重要な機能の一つだと思う。

さらに、替え芯の長さが一般的な替え芯よりも長いのも特徴で、それによって芯切れの際のタイムラグが軽減されているのも速記用ならではの配慮だろう。

 プレスマンは発売以来初めてとなるリニューアルを昨年も行っている。昨年のリニューアル内容は、「筆圧が強くても意図しない芯スライドが起きないようにした」「ノックの音を大幅に軽減しただけではなく弱い力でも確実にノックされるようにした」という2点だ。質実剛健なプレスマンならではの機能強化だった。

 今回のカラーバリエーション追加によって、今までよりも幅広いユーザー層に使われることが予想される。機能的には非常に優れているシャープペンシルのなので、例えばイラストを描く時や試験でマークシートをチェックする時などにも重宝するのではないかと思う。

 機能と機能美を兼ね備えた秀悦な商品だけに、カラーバリエーションの追加によるターゲーットユーザーの拡大は、今後の売上増加に結びつくことが期待される。

ヘッドが回って紙面にぴったりフィットする修正テープ「ZEBRA クルティア」

文房具 文房具-おすすめ

修正テープはコンパクトなタイプは持ち運びしやすいし、しっかりと握れる大型のタイプも使い勝手が良い。こういった商品は大きさで使い心地や携帯性が変化するが、ヘッドの動きで正確性を増す工夫がされた修正テープもなかなかの使い心地だ。

ヘッドが回ってピタッと決まる

f:id:polepole103:20160823212409j:plain

文具メーカーのゼブラといえば筆記具を思う浮かべるが、昨年発売を開始した「 クルティア」は使い心地の良い修正テープだ。直径23mm、高さ65mmの小さなボディは、手の平にすっぽりと入って扱いやすい。

f:id:polepole103:20160823212057j:plain

根元の部分をくるっと回すと修正テープのヘッド部分が出てくるので、使わない時に汚れてしまうことを防いでくれる。ちょっとしたことだが便利な機能だ。

さらに特筆すべき機能は、修正テープのヘッド部分が360度クルクルと回ることだろう。ヘッド部分だけが回るのではなく詰め替えもできる内部全体が回るのだが、そのおかげで常に紙面に垂直にヘッドが着いている状態になる。

f:id:polepole103:20160824161930j:plain
http://www.zebra.co.jp/press/news/2015/0811_2.html

修正テープを使う時にやりがちなのが、ヘッド部分を斜めにしたまま使ってしまうこと。そうなると消したい部分の半分しか消せなかったり、ヘッドが止まってしまったりというトラブルにつながってしまう。

この商品はヘッド部分を回転させることによって、極力紙面に対してヘッドを垂直に保つことでトラブルを解消してくれる。また、360度回転することから、持ち替えなくても縦にも横にも使えるというのもメリットのひとつだろう。

ちょっとしたことだが使いやすい。こういうアイデアを考え付くのは素晴らしいなと思うし、こういったアイデアを知るとますます文房具の機能美に惚れ込んでしまう。

ゼブラ クルティア 緑 1個入

ゼブラ クルティア 緑 1個入

 

アンケート調査と分析が必要な機能を生む

この商品を開発するにあたって、ゼブラ社では20代から50代までの男女に「修正テープに関する意識調査」を行っている。 

その中で浮かび上がってきたのが、「きれいに引けない」「持ち運びにくい」「カートリッジ交換が手間」「置き場に困る」 という不満。それを解決するために、ヘッドが360度動くという機能とカードリッジ交換を簡単にするという機能と、縦型でどこにでも置けるという形状を開発したそうだ。

商品開発を行う上でアンケート調査やマーケティング調査を行うというのは当たり前のことかもしれないし、それを分析して商品に反映するという方法も基本なのかもしれない。

しかし、実際に分析結果を的確に商品にするというのは難しいことだろうと思う。無から有を生み出すことは、至難の技だと思う。そういった至難の技が詰まった道具を、ほんの数百円で使うことができるというのが、文房具好きを文房具好きにする一つの理由ではないかと思う。