おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

ペーパークラフトで仏像づくり「21世紀ペーパークラフト」の仏像がすごい迫力だと評判

仏像の鑑賞や仏像づくりというのは、今も昔も変わらず受け継がれている。最近では仏像がブームだという話も聞くが、宗教云々ではなく美術品として仏像が人気を集めているということなのだろうか。ペーパークラフトとしても登場してきているので、衆目を集めているというのは間違いないだろう。

 仏像を精巧に表現した「21世紀ペーパークラフト」 

「21世紀ペーパークラフト」のホームページ

仏像を精巧なペーパークラフトとして提供しているのが、21世紀ペーパークラフトだ。ホームページを見ると本物と見間違うような、重厚な雰囲気が伝わってくる。もちろん本物の仏像を彫っている方からすれば笑止千万な言い方かもしれないが、仏像を手軽に親しむには良い方式だと思う。

21世紀ペーパークラフト03 空也上人像

個人的に気になったのが空也上人像。京都の六波羅蜜寺 (ろくはらみつじ)に安置されている仏像で、国の重要文化財に指定されており鎌倉時代に運慶の四男・康勝の作と言われている。

胸に金鼓を右手に撞木を持ち、左手に鹿の杖をついている姿も有名だが、何よりも念仏がそのまま口から六体の阿弥陀として現れているのが印象的だ。教科書でもおなじみの仏像だが、子どもの頃に見て非常にインパクトを受けたことを思い出す。

 なかなか興味深いペーパークラフトだ。 

簡単バージョンを作ってみたが、、、  

f:id:polepole103:20180619062307j:plain

21世紀 ペーパークラフトのホームページには、無料でダウンロードできるものがいくつか用意されている。どれも1時間程度で出来上がるという設定だったので、その中でも可愛くデフォルメされた「四角い仏像 あしゅらぞう」を作ってみることにした。  

f:id:polepole103:20151009183158j:plain

部品はこの一枚なので楽勝かと思いきや、とてもとても1時間では完成することができなかった。切るのも貼るのも、なかなかどうして難しかった。

f:id:polepole103:20180617211153j:plain

f:id:polepole103:20180617211202j:plain

四苦八苦しながら作り上げたのがこちら。手の向きがちょっと違うのはご勘弁いただくとして、全体的にあちらこちらが歪んでしまうのが残念だ。しっかりと作るならピンセットを使い、接着剤をきちんとつけることが大切なのだろう。

1時間のフリーダウンロード作品でこんなに四苦八苦してしまったのだが、前出の空也上人像は48時間から60時間ほどかかるらしい。買ったとしても完成まではなかなか遠い道のりのようだ。

wakajibi2.hatenablog.com

ペーパークラフトといえばこちらのブログ。いつもお邪魔しているが、素晴らしい作品が目白押しだ。