気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

緊急事態宣言が明けたら何をしたい?

ようやくというか、やはりというか、東京の緊急事態宣言が解除された。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の適用から外れるのは、実に約5カ月半ぶりの事だ。第6波が急速に終息してきた理由が、政府も専門家会議も今一つよく分からないというのが心細い限りだが、それでも解除するというのは社会的にも政治的にもそうせざるを得ないからなのか。反動によるリバウンドが恐いが、解除になるのならやりたいことはいくつもある。

やってみたいのはこんなこと

f:id:polepole103:20210930215900j:plain

個人的には緊急事態宣言期間中はきちんと行動を規制してきたので、解除になるならやりたいことは色々とある。

まずは床屋に行こう。なまじ器用なのでバリカンを使ってセルフカットを行なっていたのだが、スッキリ感やサッパリ感がが全く違う。プロに切ってもらうのが一番だ。

ジョギング後に日帰り温泉にも足を運びたい。コロナ前は日帰り温泉をゴールにした「温泉ラン」を楽しんでいたが、緊急事態宣言が出てからは自粛を始めて今もそのままだ。汗をかいてくたくたになった後の温泉は格別なので、感染対策をしっかりして行ってみたい。

大好きなボウリングもずいぶん行っていないなぁ。ボールもシューズもかなり使っていないが、手入れは怠っていないのですぐに使える状態だ。長い時間ではなくても良いので、久しぶりにピンの弾ける音を聞いてみたい。

妻とも食事に行っていないので、久しぶりにお昼でも一緒に食べに行こうか。緊急事態宣言が解除になったからといっても、静かに食べて話すときはマスクをする。そんなニュースタイルでも良いので、美味しい食事を食べに行ってみたい。

まずは思いつくのはそんな細かいことばかりだ。

ささやかなことを静かに始めたい

こうやって考えてみると、緊急事態宣言が解除になっても、やってみたいと思うことは実にささやかなことばかりだ。もちろん、九州にある両親のお墓や空き家となった実家の手入れも気になるところだが、それよりもまずは以前の日常が少しでも帰ってくることを願いたい。

コロナ禍になって行動制限が続いているが、だからこそ気づいた「ささやかな幸せ」があり、それをありがたいと思う気持ちが生まれた。政治家が「経済を建て直す」と声高々に拳を振るうのも良いし、そうすることの必要性も認めるが、まずは安心して外を歩き食事を楽しめるように地道で確実な対策を行ってくれることを願ってやまない。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!