気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

名前の一部に干支が入る「十二支の印鑑・干支はん」

働き始めると、それまで使わなかったいろいろな道具を使い始める。スーツやビジネスバッグ、名刺入れなどを持ち歩くと「社会人になったんだな」と感じたものだ。また、印鑑登録を行うためにしっかりとした印鑑を作った時にも、同じく身が引き締まるような気持ちになったものだ。印鑑廃止がトレンドとなっている昨今だが、文化として根付いている印鑑はなかなか廃止しにくいかもしれない。それでも印鑑業界はかなりのダメージを受けつつあり、そのため様々なアイデア商品が発売され始めている。陰影に干支の一部が入るサービスもその一つだ。

自分の干支を入れられる「干支はん」

f:id:polepole103:20210613172733j:plain

大阪市の城山博文堂は、名前の一部が干支のデザインになった「十二支の印鑑・干支はん」の発売を6月7日から開始した。文字の一部が干支のデザインになっているのは日本初のサービスで、一般的な認印としてだけではなく銀行印としても登録できる本格的なオーダーメイドのハンコだ。

同社はこれまでにも、名前の一部が猫や犬のデザインになった「ニャン鑑」「ワン鑑」などの商品を発売しているが、今回はその技術とアイデアを「干支」というコンセプトとして発売した。

f:id:polepole103:20210613173412j:plainf:id:polepole103:20210613173424j:plain

f:id:polepole103:20210613173503j:plain

印鑑登録を行うためには「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」という決まりがあるようだが、前出の「ニャン鑑」での登録実績があるため大丈夫ではないかとのことだ。

価格はシャチハタ社製の浸透印タイプが4,000円から、本柘製などの印鑑タイプが5,200円からとなっている。注文してから納品されるまで、デザインに約1週間、校正後の加工にシャチハタで約10日~3週間、印鑑で約2週間かかるようだ。印鑑登録には印鑑タイプが必要となるが、それ以外でも個性的な印鑑として使うことが出来そうだ。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!