気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

「うたうおばけ」(くどう れいん)

うたうおばけ

盛岡市在住の歌人“くどうれいん”さんが綴る言葉は、ひとつひとつがとても軽やかで輝いている。言葉を大切にする歌人だからであろう。以前、盛岡市の独立系書店BOOKNEADが独自に出版した「わたしを空腹にしないほうがいい」を読んでそう思ったが、今回「うたうおばけ」を読んでさらにその思いが強くなった。

「うたうおばけ」は著者がご自身の友だちについて書かれた一冊で、どの話もとても素敵なものばかりだ。書籍の紹介文には「失恋してラーメン屋に喪服でやってきたミオ、『ビニニでもバナナ』と大発見したのんちゃんとゆーきちゃん、暗号でしか告白できないスズキくんなど個性的な『ともだち』がぞくぞく登場!」 と書かれているが、著者の友だちに対する細やかな心配りや暖かい気持ちが文章の至るところにちりばめられている。一人の友達のことが一つの章になっているのだが、一章一章読み終わる毎に思わず微笑んでしまうぐらい幸せな気持ちになった。

私は「知人」や「知り合い」はたくさんいるが、「友だち」と呼べる人は少ない。きっと無意識のうちに距離を取ってしまう性格だからなのだと思うが、それだけに近しい友だちが数多くいる著者は素晴らしいなと思うし羨ましい。

きっとご自身が素直で正直な方だからこそ、こんなに素敵な友だちに囲まれているのではないだろうか。それもまたひとつの貴重な財産だと思う。

うたうおばけ

うたうおばけ

  • 作者:くどうれいん
  • 発売日: 2020/04/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

oyakode-polepole.hatenablog.com

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!