気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

改めてのご紹介、リモート会議の強い味方「骨伝導式イヤホンAfterShokz TITANIUM」

在宅勤務を行っていなくても、かなりの割合でリモート会議になることが多くなった。移動の手間がかからず手軽に行えるリモート会議は、CO2の削減にも貢献できる良い方式だと思う。しかし、会議室や個室に入らないと音声が周囲に聞こえて迷惑をかけることから、どうしてもイヤホンを装着して会議に参加することになるが、会議が続くと耳が痛くなってしまう。そんな時にオススメなのが「骨伝導式イヤホン」。一年以上使ってきたが、その良さを過去記事のリライト版でご紹介させていただきたい。

元々はジョギング用として購入した骨伝導式イヤホン

f:id:polepole103:20210201220156j:plain

ジョギング時に便利だなと思って買ったのが、「AfterShokz TITANIUM」というワイヤレスイヤホン。小型スピーカーと振動で音を伝えてくれるという、骨伝導式のワイヤレスイヤホンだ。

通常のイヤホンだと、音量によっては周囲の音が聞こえにくくなり怖い。特に走っている時はなおさらだ。しかし、このイヤホンは耳の穴をふさがずこめかみの辺りに音響部を当てるので、周囲の音が明瞭に聞こえてくるのがありがたい。また、思ったよりも音漏れが少ないので、ある程度聞こえるという程度の音量で使うのなら通勤時でも大丈夫だろう。

f:id:polepole103:20200109214919j:plain

ワイヤレスの接続もブルートゥース方式なので、スマホなどに簡単に接続することが出来る。音量も片手で調整することが出来るし、何よりもコードが無いのは思った以上に便利で快適だ。

f:id:polepole103:20200108141511j:plain

IP55の防水規格を満たしているため、防塵、防水ともに高いレベルで保護されており、これならランニングで汗に濡れたり小雨に遭ったりしても大丈夫なレベルだなと思い買ったのだが、リモート会議が多くなってきて仕事で使う機会も増えてきた。

長時間装着しても耳が痛くならないので助かるし、イヤホン自体にマイクも内蔵されていて割とクリアな音声が届くので便利だ。元々軽量コンパクトなイヤホンだけに、持ち歩くのも邪魔にならず快適に使えている。一年前はこういう使い方をするとは思ってもいなかったが、買ってて良かったなと思える一品になっている。

購入前に一度試してみよう

骨伝導ワイヤレスイヤホンは便利な商品だが、当然のことながら良いことばかりではない。その一つは、人によってはこめかみが痛くなるという点だろう。

骨伝導イヤホンはこめかみの部分に振動部を当てるので、しっかりと密着するように作られている。人によって顔の幅が異なるので、装着してみてきつく感じてしまう人もいるだろう。私は幸い長い時間装着していても痛みを感じないが、個人差があるので大型電器店などで試してみてから購入する方が良いだろう。私も実際に家電大型店で試してみてから購入したが、メーカーも複数あって装着感もそれぞれ異なるおで、可能であれば実際に試した方が良いと思う。

いずれにしても、通販サイトの口コミだけで買うのではなく、実際に試してみてから自分の使用用途に合っているかどうかを考えてみるべき商品ではないだろうか。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
皆さんの応援クリックが励みです