気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

パナソニックが「宅配ボックスへの配達を促すドアホン」を発売予定

ネットスーパーでも宅配便でも、配達の方と対面せずに品物を受け取れるようになってきた。以前は不在時に宅配ボックスに入れてもらうという方法が一般的だったが、今は在宅していてもドアの前に置いてもらうという方法もあるので助かる。そんな世相を反映してか、荷物の受け取りに便利なドアホンが発売されている。

宅配ボックスへの投函が依頼できるドアホン

f:id:polepole103:20200827202334j:plain

パナソニックは、宅配ボックスへの荷物の投函を自動で依頼できるワイヤレスモニター付テレビドアホン「VL-SWZ300KF」を発売する。発売開始日は2020年11月12日で、市場想定価格は43,000円前後を予定している。

f:id:polepole103:20200827202357j:plain
https://panasonic.jp/door/products/swz300.html

このドアホンは、呼び出しボタンが押されると自動で「宅配業者の方は宅配ボックスに荷物を入れてください」というメッセージを流すことが出来るとともに、同社製の宅配ボックスと接続することで自動で録画機能が作動し、モニターで使用状況を確認できる。

また、室内から訪問者に名前や用件を尋ねるメッセージを流す機能も搭載しているので、留守中に訪問された場合でも後で用件を確認することが可能だ。  

育児や家事で手が放せなかったり、掃除機の音でドアホンの音が聞こえなかったりした際などに便利な機能だ。また、何らかの事情で声が出せなかったり声が出なかったりという時にも、便利に使える機能だろうと思う。

アフターコロナを見据えると、こういった商品も必要になるのだろうなと感じた。

panasonic.jp