気分はポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

【新商品情報】手軽に時間や期限を管理できる「クリップタイマー『リミッツ』」が新登場

年齢を重ねるとともに物忘れが激しくなってきた。大切な何かを忘れるということはまだないのだが、ちょっとした小さな用事などを忘れることは多い。例えば、本を片付けたつもりで棚に置きっぱなしだったり、薬を飲もうとして忘れたりというようなことだ。そんなことを防ぐためにメモを取るようにしているが、デジタルデバイスを使ってプッシュ式で通知させることも良いだろう。

期限や経過を管理する「リミッツ」

f:id:polepole103:20190316164117j:plain

文具の総合メーカーであるキングジムは、手軽に時間や日にちを計測できるクリップタイマー「リミッツ」を発売する。発売開始は2019年3月29日(金)、価格は1,500円(税別)を予定しており、カラーバリエーションはシロ、アオ、キイロの3色だ。

今回発売されるクリップタイマー「リミッツ」は、99日まで計測できる長期タイマーとメモが挟めるクリップを組み合わせた商品で、時間管理はデジタル管理で行い用件はメモというアナログな方法で行うという点が新しい。スマホなどにも予定を知らせてくれるタイマー機能は搭載されているが、一つのメモや物に直接タイマーを添えるという方法は確実だろう。

キングジムならではの、斬新で思い切った発想の商品だなと感じた。

LIMITS 期限や経過を管理するクリップタイマー | KINGJIM

特徴は2つのタイマー機能

f:id:polepole103:20190316164203j:plain

今回発売されるクリップタイマー「リミッツ」は、カウントダウンとカウントアップの2種類の機能を備えているのが特徴だ。キッチンタイマーなど既存のタイマーはカウントダウンが基本だが、カウントアップ機能があることで「スタートから何日経過したが」がわかる。期限が決まっている仕事のメモや資料にはカウントダウンのタイマーを添付し、賞味期限のある料理などにはカウントアップのタイマーを使うというような使い分けができそうだ。

経過管理には最大99日という長期の計測を行うことができる。また、カウントダウンでは、「日、時、分」の単位でタイマー設定を行うことができ、カウントアップでは「秒→分→時→日」と自動的に表示が切り替わる。さらに、カウントダウンが終わるとブザーがなって知らせてくれるという機能もあるのが便利だ。

f:id:polepole103:20190316164310j:plain

本体のクリップは上下を反転して取り付けられるので、メモスタンドとして使ったりボックスファイルに挟んで使ったりというような方法をとることができる。また、クリップの裏には磁石が取り付けらえれているので、挟んだメモとともに冷蔵庫やスチール棚などに取り付けるという便利な使い方も出来そうだ。

f:id:polepole103:20190316164337j:plain

工夫次第でいろいろなことに使うことのできるクリップタイマーなので、用事をうっかり忘れることが多い私のようなものにはぴったりかもしれない。発売が楽しみだ。

www.kingjim.co.jp