気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

【新商品情報】ボールペンのボディとインクが選べる「エラベルノ」がコクヨから新登場

一口でボールペンと言っても種類や用途が様々で、好みもまた人それぞれだ。個人的には油性ボールペンのぬるっとした書き味が好きだが、作業によってはサラサラと書くことのできるタイプも好んで使う。またボディも太めのものや細目のものなどがあって迷うこともあるが、コクヨからボディとインクを選べるボールペンが発売されるようだ。

自分で選ぶ「エラベルノ」

f:id:polepole103:20170928211949j:plain
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/eraberno/

ステーショナリーとファニチャーの総合メーカーであるコクヨは、ボールペンのボディとインクを選べる「エラベルノ」を発売する。発売予定日は2017年10月11日だ。

f:id:polepole103:20170928141325j:image

ボディはグリップ部分の異なる3種類が用意されており、太め、標準、細めの中から選べる。手の大きさや筆圧の掛け方など、手のひらにフィットするものを選べそうだ。カラーバリエーションはクリヤーとスモークの2色なので、他者との差別化を図るというよりは機能優先のチョイスだろう。

インクのタイプは2種類。滑らかな書き味ででにじみにくい「シルキー油性」と、軽い書き心地で鮮やかな「エアリーゲル」がようあされている。ボール径は0.5mmと0.7mmがあり、インクカラーは黒、赤、青、ブルーブラック(ブルーブラックはエアリーゲルのみ)が用意されている。
ボディとインクとで84通りの組み合わせを作ることが出来るので、いろいろなタイプを楽しむことができそうだ。

ボディとインクとで価格は200円(税別)なので、好みの一本を見つけるというよりは、いろいろなタイプを楽しんでみるほうが良いだろう。そうすることで、逆に自分の好みが分かるかもしれない。

「選ぶ」の元祖はこの商品

ゼブラ 多機能ペン シャーボX TS10 SB21-B-GBK グラファイトブラック

私の中では「自分で選んで作る筆記具」といえば、やはりシャーボだ。今回ご紹介した「エラベルノ」とはそもそも考え方が異なるが、インキやボール径などを選んで自分好みの一本を作るといえばこれだなと思う。

シャーボはご存じのとおり、シャープペンシルとボールペンとが一本になっていて、軸を回すことで切り替えることのできる便利な筆記具だ。「右に回すとシャープペンシル、左に回すとボールペン」のコマーシャルで一世を風靡した。

シャーボが最初に発売されたのが1977年。今年2017年で発売開始から40周年となるロングセラー商品なので、親子二代で愛好しているという人も多いだろう。

シャーボXスターウォーズバージョンのアップ
http://www.zebra.co.jp/press/news/2016/1216.html

シャーボシリーズは500円程度の安価なものから、1万円以上する高価なものまで多種多様。軸の素材も含めて自分好みの一本を作ることができる、また、40周年記念としてスター・ウォーズバージョンも発売されているので、そちらの購入を検討してみるのも一計だ。