気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

ロフトの「文具会議2022」を覗いてきた

文房具は誰しもが必ず使う道具だが、使えれば良いという人もいれば、こだわりの道具を中心に使いたいという人も居さいる。文房具好きな人の中には相当こだわって選んでいる人もいるが、一番多いのは私のように「何か面白い文房具はないかなー」とぶらぶらしながら見て歩く人ではないだろうか。そんな人にオススメの企画をロフトが開催しているので、暑さを避けながらぶらぶらっと見てきた。

ロフトが「文具会議2022」開催中

全国のロフトで開催しているのが、以前ご紹介した「文具会議2022」というイベントだ。文具メーカー12社のバイヤー達が愛用ししている文房具や、これから人気の出そうな「ロフトの推し文具」が並んでいる。

【文具会議 2022 ○○さんの推しブング 第二弾】

■期間:2022年8月6日(土)~9月2日(金)
■開催店舗:渋谷ロフト、銀座ロフトなど全国のロフト128店舗
■展開商品数:最大152種類 ※展開規模は店舗により異なる

用意されている商品は各バイヤーがおすすめするだけあって、なかなかのアイデア商品揃いだ。イベントのエリアは決して広くはないが、見ているだけでワクワクするような商品がギュッと詰まっているという感じがする。

私が気になったのが、ボディが噴石で作られたボールペン。「地産廃材文具シリーズ 」という商品だが、私の出身地も大昔に溶岩が噴石した土地柄だけに、それが素材として使われているのに驚いたし、思ったよりも軽かったのも驚きだ。近いうちに使い心地をレビューさせていただきたいと思う。こういう「使ってみたいな」と思える文房具が見つかるから、ロフトなどのイベントからは目が離せない。

www.loft.co.jp

www.f-b-i.co.jp

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!

肩や首から下げる透明ミニバッグ「フラッティ ワンマイル」

ミニサイズはカードサイズに相当し、鍵や交通系ICカード、イヤホンなどの収納におすすめです。また付属のカラビナでお手持ちのバッグに取り付けも可能です。

ビジネスバッグがリュック式になって、両手が自由になることの便利さと多少重い荷物でも持ち運べるという便利さに気がついた。以前からIDカードやスマホを首から下げるストラップがあったが、キングジムから肩や首から下げる透明ミニバッグが発売される。

手軽に使える透明ミニバッグ

 キングジムは、中身が見えるミニバッグ「フラッティ ワンマイル」を2022年9月9日(金)から発売する。以前から発売されていた、”かさばらないバッグインバッグ”「フラッティ」の新シリーズだ。サイズはミニサイズ、Sサイズ、Mサイズの3種類。カラーバリエーションは、シロ、グレー、アオ、クロの4色となっている。

 「フラッティ ワンマイル」は薄型・軽量なので、必要なものだけを持ち歩いて出かけるというシーンに最適なミニバッグだ。ランチの際にスマホやお財布を持って外に出るという時などに便利だろう。開口部には面ファスナー付きのフラップと小物の脱落を防ぐファスナーが付いているので、うっかり中身を落としてしまうということがなくて安心だ。

個人的には、付属のカルビなでバッグに取り付けられるミニサイズに興味があり、ICカードなどちょっとした物を入れておくのに良いかなと思った。発売が楽しみな商品だ。

www.kingjim.co.jp

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!