気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

2015-06-09から1日間の記事一覧

「握る男」(原 宏一)/”食”と”策略”でのし上がっていく男の物語

原宏一さんの書かれた「握る男 (角川文庫)」は、東京下町の両国にある寿司屋から始まる物語だ。これを「経済小説」とは呼ばないと思うが、日本経済を「食」から牛耳っていく男の物語がとても面白い。