おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

ゲゲゲの鬼太郎が棲む「布多天神社」のお正月

東京都調布市にある布多天神社は、ゲゲゲの鬼太郎の住まいがある場所として有名だ。妖怪たちはどのようなお正月を過ごしているのか、カメラを持って様子を見に行ってきた。

鬼太郎の住まいがある布多天神社

f:id:polepole103:20190104172159j:plain

京王線調布駅から徒歩5分のところにある布多天神社は、漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である故 水木しげるさんもゆかりのある神社だ。駅の北口から伸びる商店街の先にあるこの神社は、菅原道真公が祀られている学業の神様だ。

また、水木しげるさんの描かれた漫画の中で「鬼太郎の住まいがある神社」として紹介されたことから、「鬼太郎が棲む場所」として有名な神社で現在でも様々なイベントが開催されている。

f:id:polepole103:20190104172648j:plain

f:id:polepole103:20190104172712j:plain

お正月三ヶ日を過ぎても参拝の列が長く伸びている。人気のある神社だということが伺える。

f:id:polepole103:20190104172805j:plain

 境内には御神牛が祀られており、「撫でるとご利益がある」という言い伝えのがあるため大勢の人に撫でられている。特に鼻の部分がピカピカだ。

f:id:polepole103:20190104173003j:plain

毎年11月下旬には、水木しげるさんの命日(11月30日)にちなんで「ゲゲゲ忌」も開催される布多天神社。妖怪が棲んでいる雰囲気があるかどうかを、散歩がてらに確かめにいくのも良いだろう。 

 

商店街にも鬼太郎ファミリーが登場

f:id:polepole103:20190104173909j:plain

京王線調布駅中央口から北側にあるのが、布多天神社まで続く天神通り商店街。スーパーや商店、飲食店などが並ぶ活気のある掌底街だが、あちらことちらにゲゲゲの鬼太郎ファミリーが鎮座している。

f:id:polepole103:20190104173847j:plain

私のお気に入りは塗り壁。その他にも一反木綿や猫娘、ネズミ男などもさりげなく鎮座している。こういったモニュメントを見つけるのも楽しい。

f:id:polepole103:20190104174138j:plain

商店街の入り口から天神社に向かって右(東)に歩いて行くと、駐輪場の前に「妖怪ポスト」が置かれている。普通に使える郵便ポストだが、さりげなく置かれているところが良い。意味もなくハガキを入れたくなるのは私だけだろうか。