おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【新商品情報】無線LANで"つながる"デジタル時計「スマートプログラムアラーム『リンクタイム』」

いまやスマホは必需品。生活の中に普通に見かける道具になってきた。妻はいまだにガラケーを使っているが、かえって新鮮に感じてしまうぐらいだ。何でもスマホで行えるようになってきたが、どこの家にも必ずあるであろう時計すらも、スマホで設定できる時代になってきているようだ。

スマホでセットするデジタル時計「リングタイム」  

f:id:polepole103:20181028195938j:plain

文具の総合メーカーであるキングジムは、スマホやパソコンからアラームを設定できる、スマートプログラムアラーム「リンクタイム LT10」の発売を開始した。無線LANを通じて簡単にアラーム設定ができる時計で、定価は14,256円(税込)だがAmazonではすでに12,200円(税込)で販売されている。(Amazon価格は10月29日現在)

この商品は無線LANを通じて手軽にアラームを設定できるのが特徴で、さらに音声で予定を知らせてくれる機能もある。スマホの専用アプリを使用してアラーム設定ができるので、時計の近くまで行かなくても手軽に設定を行うことができるのが便利だ。

こんなに便利になってくると、スマホが無くては生活できないような感じすらしてくる。ガラケー派の妻にとっては目眩がしそうなぐらいだろうが、今後は「Alexa(アレクサ)」や「Googleアシスタント」とも連携を予定しているようなので、そうなるとガラケー派の妻にとっても便利なデジタル時計になってくれるかもしれない。

 そう考えると、スマートデバイスはガラケー派の方がいち早く使うようになるのもしれないなどと思ってしまうがいかがだろうか。 

キングジム 時計 スマートアラーム リンクタイム 黒 LT10クロ

キングジム 時計 スマートアラーム リンクタイム 黒 LT10クロ

 

様々な機能を搭載 

f:id:polepole103:20181029213716j:plain

商品の機能や便利さなどは専用ホームページ「リンクタイム 」から確認していただくのが一番だが、「スマートモード」と「シンプルクロックモード」の2種類のモードなどを簡単にご紹介することとしよう。

■スマートモード

無線LANで専用サーバーと接続し、スマホやパソコンからアラーム設定を行えるモード。

■シンプルクロックモード

通常のアラーム時計として利用できるモード。 

声で情報を伝える「ボイスメモ」機能 天気予報やGoogleカレンダーの読み上げも可能

f:id:polepole103:20181009121053j:plain

自分で入力したテキストを音声変換し、再生音に設定できる機能が「ボイスメモ」。アラームをOFFしたタイミングで、テキスト入力を行った予定やTODOなどを読み上げてくれる。案外便利な機能かもしれない。天気予報を音声で知らせたりGoogleカレンダーの予定を読み上げたりする機能もあるようだ。

アラームOFFした履歴をほかの人と共有可能

f:id:polepole103:20181009121112j:plain

アラームを止めた日時を記録して他の人と共有することができる。アラームがOFFになった時点で専用アプリへのプッシュ通知や指定したメールアドレスにメール送信ができるので、一人暮らしの親などの見守りツールとしても使用できる。

その他自分の予定に合わせた「Myカレンダー」を作成できる機能や、アラームと連動したLEDライト10色を搭載しているなど、盛りだくさんの機能が魅力のスマートアラーム。実際に本物を手にとって試してみたい。