おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【話題の商品】やっと見つけた人気の「文具ガチャ」、評判通りの精巧さだ

欲しいと思うものほど見つからず、もう見つからないなと思っていたら偶然出会う。まさに、井上陽水さんの「夢の中へ」のワンフレーズのような出来事があった。探すことをやめたときに見つかることは、良くある話なのだろうか。

書店で出会った「文具ガチャ」

f:id:polepole103:20180611213530j:plain

少し前から文具好きの間で話題になっていた「文具ガチャ」。カプセルトイのガチャガチャに登場した文具バージョンなのだが、非常に精巧に出来ていて文具好きならずとも欲しくなるキーホルダーだ。

正式には「カプセルフィギュア『文具ミニチュアマスコット』」という名前で、2018年4月20日からホビー店やカプセルトイ自販機で発売され始めた。商品監修は、「マツコの知らない世界」などにも出演している文具ソムリエールの菅未里さんだ。

価格は一個400円だが、秋葉原などでは人気の中身が一個800円以上で販売されている。それだけ、今でもなかなかの人気なのだろう。

置いてあったのは、JR三鷹駅南口にある「啓文堂書店三鷹店」の文房具売り場。三鷹コラルという商業ビルに入っている書店だが、文房具もオーソドックスなものを中心に、新商品もそこそこ置いてあるという安定感のある文房具コーナーだ。

久しぶりに立ち寄ってみたら、何の気なしに文房具コーナーの棚に「文具ガチャ」が置いてあった。カプセルトイ自販機に入っているものだとばかり思っていたので、箱の中にこうやって入れられているとは思わなかった。一瞬気づかず通りすぎてしまったぐらいだ。

f:id:polepole103:20180612222959j:plain

 ドキドキしながら2個買って帰ったが、こういうささやかなモノでドキドキワクワクするのも何だか楽しい。

評判通りの精巧さ

f:id:polepole103:20180612223044j:plain

帰宅してからパカッと開けてみた。入っていたのは、ひとつが鉛筆削りのカールエンゼル5でもうひとつが三菱鉛筆ポスカ。どちらも精巧に出来ていて、評判通りの素晴らしさだ。

f:id:polepole103:20180612223102j:plain

特にポスカは裏側までしっかりと作られていて、バーコードや注意書きまで見事に再現されている。文房具がミニチュアになって可愛いのは当然だが、それ以上にこの精巧さには驚かされるし嬉しくなる。

「文具ガチャ」は全8アイテム(5種類)なので、コンプリートするまで買い続けてしまいそうだ。