おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【新商品情報】早くも来年のダイアリー!リヒトラブが「卓上カレンダーにもなるダイアリー」の発売を発表

ファッションの世界は季節をかなり先取りして新作が発表されるが、文房具の世界でもその傾向がある。特に手帳やカレンダーに関しては、季節物だけにその傾向が強いだろう。今年はまだ3分の1が過ぎたばかりだが、早々に来年のカレンダーに関する新商品情報が発表された。

卓上カレンダーにもなる持ち歩けるダイアリー

『卓上カレンダーにもなるダイアリー2019』
http://www.lihit-lab.com/products/newproducts/2018/05/2019.html

大阪に本社を構えるリヒトラブは、リングタイプのノート型ダイアリーで卓上カレンダーとしても使える「卓上カレンダーにもなるダイアリー2019」を8月下旬から発売すると発表した。

「卓上カレンダーにもなるダイアリー」はダイアリーをそのまま卓上カレンダーとして使うことができるので、持ち歩き用やデスク用など複数のダイアリーを用意する必要がなくなる。また、使い方も簡単。卓上カレンダーとして使い場合には、表紙を折り返して机上に置くだけという簡単操作だ。 

『卓上カレンダーにもなるダイアリー2019』
http://www.lihit-lab.com/products/newproducts/2018/05/2019.html

とじ具にも工夫が施されている。通常のダイアリーや卓上カレンダーはリングが固定されているが、この商品のリングは開くようになっている。そのため、当月のダイアリーリーフを一番最初のページに持ってきたり、使い終わったリーフを専用の他リーフと取り換えるなどのカスタマイズが可能だ。

さらに、入れ替えたり使い終わったダイアリーリーフを専用の横罫リーフと差し替えるなど、お好みの仕様にカスタマイズすることができます。とじ具自体はスリムなので、持ち歩く時にもカバンの中でもかさ張らず便利だ。

大きさはA版とB6版の2種類用意されており、価格はA5版が1,200円(税別)、B6版が1,100円(税別)を予定している。カラーバリエーションは、ホワイト、レッド、ネイビー、ライトグリーン、ブラックの5色用意されているので、好みに合わせて選んでみたい。

卓上カレンダーにもなるダイアリーは使いやすい

f:id:polepole103:20171031204927j:plain

現在、私が職場で使っているのは、コクヨの「キャンパスダイアリー 卓上 手帳」という商品。今回ご紹介した商品とコンセプトが似ていて、ダイアリーとしても卓上カレンダーとしても使える商品だ。

f:id:polepole103:20171031204944j:plain

会議の時には持ち歩き、外出する時にはバッグに入れている。アナログな管理方法だが、出張や大きなイベントなどは一目でわかるこの方法が案外便利だなと感じている。