おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【新商品情報】何にでも捺印できるタートシリーズに新商品登場!「タート」ってなんだ?

私が働き始めた昭和50年代後半は、書類や封筒の差出人にはゴム印を使用していた。また、定型文章があって繰り返し使うのであれば、それもゴム印で作って押していた。ワープロもパソコンも無い時代は、ゴム印がとても便利なアイテムだった。そうなるとゴム印に使うスタンプ台も重要で、押す素材によって替えたものだ。インクが染み込まないような素材には、不滅スタンプという勇ましい名前のスタンプ台を使っていた。

何にでも押せるタートシリーズの新商品

f:id:polepole103:20180129212921j:plain

スタンプ印などで有名なシヤチハタが、金属やプラスチックなどにも捺印できるタートシリーズに新商品を発売する。連続して捺印できる「タート 回転スタンプ」という商品で、捺印するたびに印面にインキが付着するスタンプ台内蔵式のスタンプだ。

「タート」とは一昔前の「不滅スタンプ」のことで、ガラスにさえ捺印できるという代物。そのため、電子機器の基盤などにもチェック後に「済」と押すこともできる。
新商品の販売形態は、メールオーダー式と別注品の2種類。メールオーダー式は、商品購入後に印面をインターネットまたは専用ハガキで申し込み、別注品は印章店や文具店などで申し込む。メールオーダー式が2018年2月5日から発売開始となり、別注品は2018年3月上旬受注開始予定だ。

f:id:polepole103:20180129212943j:plain
https://www.shachihata.co.jp/pressrelease/2017/tat_stamp.php

印面サイズは直径6㎜と直径11㎜の2種類。製品の品番表示、サイズ表示などいろいろな用途に使える。また、メールオーダー式のインキ色は黒と白の2色、別注品の対応インキはインキの種類も色も6種類から選ぶことができる。

ホームページを確認して、自分の用途に合ったインキの種類や色を選んでみても良いだろう。アナログな道具だけに、使い方ひとつで便利に使えるのではないかと思う。

www.shachihata.co.jp

ゴム印はやはり便利だ

f:id:polepole103:20180129213448j:plain

パソコンが当たり前のように整備されてきて、書類でも封筒でも簡単に印刷できるようになった。それでも、少数を用意するのであればゴム印がやはり便利だ。

先日もコピーした資料に「写」というゴム印を押して会議で配ったし、仕事で出す郵便物の差出人欄も数枚ならゴム印の方が早い。もちろん、事前に印刷しておけばその方が早いので、要は使い方ひとつなのだろうと思う。

紙媒体もゴム印も、まだまだ無くなりそうにない。