おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

新年は近所の神社で初詣

今年もまた晴天に恵まれた東京の元日。昨年同様に近所の神社に初詣で出かけた。初詣は、まずは地域を守ってくださっている氏神様にご縁をいただくために、近所の神社でお参りをすることにしている。

近所の神社にお参りする

f:id:polepole103:20180102074204j:plain

今年も初詣に出かけたのは、東京稲城市おん「青渭神社」。毎年同じ神社に出かけているので記事も毎年のリライト版になってしまうが、JR稲城長沼駅から徒歩5分の場所にあるこの神社は閑静な住宅地の中にある静かな神社だ。普段も時々歩いて通る場所だが、お正月や祭礼以外は訪れる人も少ない住宅街の小さな神社だ。

お正月に訪れると、巫女さんが一人立っているだけという素朴な雰囲気が良い。おみくじとお守りがテープルの上に置かれていて、実にシンプルなのが個人的にはとても気に入っている。

青渭神社の提灯

“昔はこの付近に大きな青い沼があり、その神霊を祀ったことが起源とされる。そのために別に青沼大明神とも称される。祭神は出雲系の青渭神で農耕や生活に霊験あらたかな神である。本殿は昭和49年に改築されたものである。 毎年10月1日の祭礼には、市指定文化財の獅子舞が奉納される。この獅子舞の起源を明らかにするものはないが、大正4年より23年間中断していたのを、昭和12年に復活して現在にいたる。舞の形は、大獅子、女獅子、求獅子の三頭の獅子と天狗によるもので、はやし方は笛吹、貝吹、歌方によって構成される。(稲城市掲示より)”

f:id:polepole103:20180102081044j:plain

お参りの後に親子でおみくじを引いたところ、揃って大吉だった。これは元日から縁起が良い。あまり縁起を担ぐ方ではないが、元旦から大吉を引くというのは気分の良いものだ。今年も一年、元気に過ごせることを願った元日だった。

初詣は近所の神社でご縁をいただく。それがまずは大切なのではないかと思うが、皆さんはいかがだろうか。

■稲城 青渭神社

祭神:青渭神、猿田彦命、天鈿女命
住所 稲城市東長沼1054
祭礼日 10月1日