おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

今年買ってよかった文房具は、どちらもシンプルで永く使える商品だった

今週のお題「今年買ってよかったもの」

文房具好きなのは、実家が文房具屋だった影響が大きい。九州の地方都市にある小さな文房具屋で、小学校の正門前にお店があった。そのため、品揃えは自然と学童向けの商品が多くて、高級文具はほとんど置いていなかった。だからなのか、今も文具好きながら高級文具よりも日常使いの文具が大好きだ。

シンプルな機能美が美しいホッチキス

プライヤータイプHP-10

今年もたくさんの文房具類を買ったが、その中でも最も「美しい」と思ったのがマックス社のホッチキス「プライヤータイプ HP-10」だ。無駄を省いたデザインと、大量のホチキス止めにも対応できる使いやすさ。ハンドル部分がかなり長いのだが、そのぶん小さな力で作業ができるのだ。 

さらに、芯を交換する際の動きがたまらなかった良い。具体的にどう良いのかと説明がしにくいのだが、カシャンカシャンと動く様はトランスフォーマーのようで楽しい。

シンプルなデザインなので、壊れにくく飽きないだろう。これから永く使うことになりそうな商品だ。

マックス ホッチキス プライヤータイプ シルバー 10号針使用 HP-10

マックス ホッチキス プライヤータイプ シルバー 10号針使用 HP-10

 

oyakode-polepole.hatenablog.com

アナログな仕組みが心地良いラベルメーカー

f:id:polepole103:20171126211859j:plain

もうひとつは、つい先日購入した「ダイモ テープライター ラベルキューティコン クリスマス限定パッケージ」。英数字とちょっとした記号しか打てないが、カチカチと一文字ずつ刻んでいく方式が楽しい。ダイヤルを合わせてギュッと握るのだが、力が弱いと文字が薄くなるのもアナログ的で良い。

ダイモはかなり昔からある商品で、私が子どもの頃にはもっぱらこれで名札付けをしていた。それがいつしかテプラなど漢字が印字可能なラベルメーカーに取って代わられるのだが、アナログな使い心地に再び人気が出てきている。これはなぜか。

ひとつの理由としては、ダイモで作ったラベルの文字は盛り上がっていて、指で触ることが出来るからではないだろうか。活版印刷にも言えることなのだが、「文字が物理的にそこにある」という感覚がデジタルデータ全盛の現代では逆に珍しくて新しい。

力加減ひとつで文字の雰囲気が変わるのも、道具を使っているという感じがして、自己満足的に楽しいのだ。

シンプルなデザインなので、こちらも永く使える道具だといえる。

oyakode-polepole.hatenablog.com

まとめると

今回ご紹介した商品は、どちらも手動でカチカチと握って動かすものだった。そして、どちらもシンプルで使いやすく、これから永く使うことになりそうな商品だった。

使いやすくてお気に入りの道具を、大切に永く使う。とても大切なことだと思う。