おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

「キヤノン・レーザーポインターPR11-GC」進化したレーザーポインター

会議などのプレゼンテーションで使用するレーザーポインター。昔は「指し棒」を多用していたが、離れた位置からでも指し示すことのできるレーザーポインターは便利だ。赤い点が投射されるだけではなく線状に光が出るものもあって、様々なタイプが発売されている。最近ではプレゼンテーション用のソフトを、PCに触らずに動かすことができるタイプもあるようだ。

プレゼンが効果的に行えるレーザーポインター 

f:id:polepole103:20170912171048j:plain

先日、旅行先で入った大きな文具店にデジタル文具のコーナーがあり、そこに大ぶりのレーザーポインターが置いてあった。何気なく手に取ってみると、私の愛用しているカメラと同じ「Canon」のロゴが入っている。おやっと思って見てみると、最近発売されたばかりの高性能レーザーポインターだった。

f:id:polepole103:20170620165351j:plain
http://cweb.canon.jp/laserpointer/lineup/pr11gc/index.html

展示されていたのはキヤノンの「レーザーポインター PR11-GC」という商品で、それ以外にもシリーズ商品が何種類か置いてあった。随分大きなレーザーポインターだなと思ったが、説明を読んでみると実に高性能な商品だった。

f:id:polepole103:20170620155927j:plain
http://cweb.canon.jp/laserpointer/lineup/pr11gc/index.html

プレゼンテーションの経過時間が大きく表示されるほか、PCソフトで作成たプレゼンテーションのスライドをレーザーポインターでページ送りができるようになっていた。さらに、効果的なプレゼンテーションのためのブラックスクリーンボタンも装備されているので、これ一つあればPCから離れていても途切れることなく説明を行えるだろう。

f:id:polepole103:20170912205330j:plain
http://cweb.canon.jp/laserpointer/lineup/pr11gc/index.html

ページ送りをするときにはレーザーポインターの後部から信号が出るため、レーザーポインターをスクリーンに向けたままページ送りをすることができる。ちょっとしたことだが、良く考えられた機能だと思う。

価格が15,000円ほどするので個人で買うというわけにはいかないが、プレゼンシーンが多い会社であれば備品として備えていると便利だろう。 

個人で買うなら「黒曜石+レーザーポインター」もオススメ

oyakode-polepole.hatenablog.com

私は会社のミーティングなどを含めて、小規模ながら人前で話をする機会が多い。それもあって、コクヨのプレゼンテーションツール「フィンガープレゼンター 黒曜石」を愛用している。

手のひらにすっぽりと入る小さなツールだが、スライドのページ送りをスムーズに行うことができる。また、スタート時にスクリーンを暗くしておくブラックスクリーンモードも搭載しているのがありがたい。

さらに、ペンタイプのレーザーポインターを装着するアダプターも付属しているので、黒曜石にレーザーポインターを装着して片手で操作できるのが便利だ。購入してから4年が経つが、今でも支障なく使うことができていて重宝している。 

コクヨ パワポ操作用 フィンガープレゼンター 黒曜石 ELA-FP1

コクヨ パワポ操作用 フィンガープレゼンター 黒曜石 ELA-FP1