おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

画質を落とさずにファイルサイズを落とす画像圧縮サービス

ブログを書いていると気になるのが画像のファイルサイズ。特に写真を綺麗に載せよう、綺麗な写真を見てもらおうと思うと、どうしても画質の良い写真を掲載する必要が出てくる。かといって、ファイルサイズの大きな画像を貼り付けると、画面の読み込みが遅くなってしまう。そんな時には、画質を落とさずにファイルサイズを落とすサービスを使ってみよう。

パンダがトレードマークのJPEG軽量化ツール

画像圧縮サービスTinyJPG

画質を落とさずにファイルサイズを落とし、さらに操作も簡単なのが「TinyJPG – Compress JPEG images」というサービス。アプリをダウンロードすることなくウェブ上で使えるうえに、操作も簡単でとても使いやすい。すでにお使いの方も多いだろう。

画像圧縮サービス「TinyJPG」

操作は簡単で、画面中央にある「Drop your .png or .jpg files here!」の枠内に圧縮した画像をドラッグ&ドロップするだけ。自動的に画像が圧縮されていく。

圧縮が終了したら「download」をクリックすると、圧縮されたファイルがダウンロードされる。まとめてダウンロードしたい場合には、パンダの右側にある「Download all」をクリックすれば圧縮ファイルとしてまとめてダウンロードされる、

今回は2つのファイルを圧縮してみたが、画像1は424.9KBが76.1KBに、画像2が446.3KBが63.3KBにと、それぞれ80%以上も圧縮されている。

画像サイズが落ちると画面を読み込むスピードが速くなるので、画像が開くまで待たなければいけないということが少なくなる。スマホでブログを見る人が多くなるとさらにその効果は高いだろう。

たくさんの人にブログを見てもらうためには、ユーザビリティの高いサイトを作る必要があるが、画像のファイルサイズを落とすというのもその一つだろう。

tinyjpg.com

実際の画像はどうなのか

「画像1」圧縮前

「画像1」圧縮前

「画像1」圧縮後

「画像1」圧縮後

カラフルなシューズを撮影した画像だが、黒板の黒もシューズの青や緑もほとんど変わらず綺麗に出ている。

 「画像2」圧縮前

「画像2」圧縮前

「画像2」圧縮後

「画像2」圧縮後

こちらもカラフルなケースを撮影した画像だが、色が綺麗に出ているだけではなく模様も潰れずに細かく見えているのがわかる。

画像を大きく圧縮メリットは、ブログ記事を書く時だけではない。メールなどで画像を送付する際にも、高い圧縮率でファイルサイズが小さくなれば、それだけ多くの画像をメール送信することができる。それもまた、ファイルサイズを落とすことのメリットだろう。

一昔前に比べると画像を読み込む回線スピードも上がり、保存するための媒体(USBなど)の容量も大幅に上がった。それでも、画質を落とさずファイルサイズを落とすメリットはたくさんあるので、上手にサービスを利用するのは必要なことだろう。