おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【おいしい情報】武蔵野のオシャレな食堂「ニシクボ食堂」

元来、私は食べ物にはこだわりが無かった。端的にいうと「お腹がふくれれば良い」と考えていて、味よりもスピード重視という感じだろうか。

好き嫌いがなくて何でも食べられてしまうのもその一因で、美味しいお店を探して食べ歩くということは全くなかった。

禁煙がきっかけで美味しいお店を探し始める

ところが、昨年の秋にタバコをやめてから味覚と嗅覚が良くなったようで、美味しいものはより美味しく感じるようになった。ご多分に漏れず体重もやや増えてしまったのだが、それでも食事が美味しいと感じるのは楽しいことだ。

 そうなると、美味しいものを食べてみようかなという気持ちになり、雰囲気の良いお店を探したくもなる。お酒は一切飲めないので、結果的に定食屋さんやラーメン屋さんなどを開拓していくことになる。

カフェのようなオシャレな食堂

そんな時、知人から「小さいけれども雰囲気の良い食堂がある」という話を聞いた。東京の中央線三鷹駅北口から伸びるバス通り沿いにあり、こじんまりとした定食中心のお店なのだとか。

さらに「カフェのようなオシャレな食堂」だという話を聞き、三鷹方面に用事がある時を狙って行ってきた。

「ニシクボ食堂」外観

「ニシクボ食堂」看板

お店の名前は「ニシクボ食堂」。JR三鷹駅北口から徒歩10分弱。駅前から出ているバスに乗れば5分とかからない距離だ。バス通りに面したお店は、間口はそれほど広くないが、奥行きがあって前面がガラス張りなので店内が明るい。

「ニシクボ食堂」1F内部

2階にも座席があるようだ。今回は2階を覗くことはできなかったが、Webのレビューを読むとなかなか良い雰囲気らしい。次回はぜひ2階を使わせてもらうことにしよう。

お昼時を少し外した時間を狙って行ってみたが、それでもまずまずの来客数で人気のほどがわかる。また、若い女性客が多いのも特徴だろう。メニューはしっかりと定食屋さんなのだが、雰囲気はちょっと洒落たカフェ風。このアンバランスさが人気の一要因なのだろうと思う。

味もしっかりとしていて美味しい

鶏肉の甘辛バリバリ揚げ定食

焼き魚や煮物の定食もあったが、このお店の看板メニューである「鶏肉の甘辛バリバリ揚げ定食」を頼んでみた。セットドリンクが150円なので、ホットコーヒーを食後にと頼んでおく。 

しばし待たされてから登場したのは、器も素敵な定食セット。小鉢が4つも付いているのは想定外だった。

f:id:polepole103:20170525210815j:plain

f:id:polepole103:20170526082216j:image

f:id:polepole103:20170526082234j:image

f:id:polepole103:20170526082254j:image

f:id:polepole103:20170526082313j:image

ご飯は穀物入りで健康的。小鉢類はナスにエンドウ豆に卵焼きに大学芋。いずれも味がしっかりとしていて美味しい。

f:id:polepole103:20170525210837j:plain

メインの鶏肉は「バリバリ揚げ」の名のとおり、皮はバリバリと香ばしく揚げられていてお肉はジューシー。甘辛い味付けは北海道のザンギを思い浮かばせられる。少し濃い目の味付けだが、だからこそご飯が進むし薄味のお味噌汁に合うのだなと感じた。

お客さんの中心は若い女性客だろうが、ビジネスバッグを下げたサラリーマンでも十分くつろげるお店だ。極めて美味しいというわけではないが、普通に美味しくて雰囲気が良いお店だ。

自宅や職場の近くにあれば、最低でも週一で通いたくなるお店だなと思う。

■ニシクボ食堂

住所 東京都武蔵野市西久保2-2-13 1F・2F
    三鷹駅 徒歩7、8分
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30)
     18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 月曜日

https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132002/13146053/