おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【文具店めぐり】吉祥寺の「サブロ」でオリジナル商品を品定めする

文具店巡りの対象となるお店には、初めて訪れるお店と定期的に訪れるお店とがある。初めて訪れる文具店ではどのようなお店なのか期待にドキドキし、いつも訪れているお店ではラインナップの変更や新商品の入荷などにワクワクする。ドキドキするのもワクワクするのも同じくらい好きだが、そのお店独自のオリジナル商品を目当てで訪れるのも楽しい。

吉祥寺「36(サブロ)」のオリジナル商品

サブロの店内、ドアが特徴的

定期的に顔を出しては新商品を探しているのが、吉祥寺で営業を行っている文具・雑貨のお店「36(サブロ)」だ。ガラスの入ったドアを押して店内に入ると、いつ行っても独特の落ち着いた雰囲気がある。この雰囲気がかなり好きだ。

サブロの店内の棚

置いてある商品も店内の棚なども、とれも昭和を感じさせてくれるものばかりだからかもしれない。子どもの頃に実家が文房具屋だったので、ことさらそういう点に惹かれるのだろう。

サブロのオリジナル商品

色々なオリジナル商品を作っているのもこのお店の特徴で、新たに夏らしい色合いの商品が出ていた。

サブロオリジナル手ぬぐい

今回は、オリジナルの手拭いとギフト用の封筒を買い求めた。どちらも色合いがとても良い。

オリジナルの手拭いはTwitterでもチェックしていたのだが、実物は写真で見るよりもさらに良い品だった。こういう出会いも楽しい。

缶バッジなど

他にもいろいろな商品が並んでいて何時間居ても飽きないお店だが、週末は大勢のお客さんが来られるので買い終わったらすぐにお店を出る。

そんな「常連さんっぽいこと」をやってみるのもまた、いつも行くお店の勝手な楽しみ方だったりするのである。

■「36 Sublo」

住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-16 原ビル2階
電話・fax 0422-21-8118
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜日

おはぎやまグッズもズラリ

企画棚のおはぎやまグッズ

 このお店の店主は、「おはぎやま」の生みの親のお一人だ。相撲人気の高まりとともに「おはぎやま」人気も徐々に高まってきている。有名文具店や雑貨店で見かけた方もいらっしゃるのではないだろうか。

おはぎやまゴム印

おはぎやま手ぬぐいなどなど

ここ「36(サブロ)」でも、お店のレジ近くにある小さな企画棚で「おはぎやまフェア」を開催中だ。いつまで開催しているかは未定のようだが、フェアが終了しても商品は店内にとどめておくのだとか。

おはぎやま好きの方は、ぜひ生みの親のお一人のお店でゆっくりと商品をご覧になっていただきたい。

何回も訪れているものの

これだけ何回もお店を訪れているのだが、実は店主と一度もお話をしたことがない。お話をする以前に、きちんとお会いしたことがない。

タイミングが合わないということもあるだろうし、店主がお忙しいということもあるのだろう。不思議とお会いする機会がなく、お話をさせていただく機会がない。

それでも、スタッフの皆さんがとても丁寧で親切で文具好きなので、私のような文具好きおじさんを静かにかまってくださるのがありがたい。

これからも迷惑にならない程度に話をさせていただき、商品とお店の雰囲気を楽しませていただきたいと思う。