おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

キングジムが作った「手づくり時計ムービー」が見ているだけで落ち着くと評判!

掛け時計のイラスト

平日も休日も時計は常に意識する道具だろう。時間が過ぎるのが待ち遠しかったり、締め切りギリギリなどでもっとゆっくりと時間が過ぎてほしいなど様々だ。一日に何十回と見る時計だが、思わず見入ってしまう「手づくり時計ムービー」をキングジムが公開している。

キングジムの「手づくり時計ムービー」

キングジムが公開している「HITOTOKI CLOCK(ダイジェスト版)」は、動画をYouTubeで見ているだけで楽しい。 なんとなくウキウキしてくるのは私だけだろうか。

2017年5月19日から公開されているこの動画は、キングジムの文房具ブランド「HITOTOKI」のブランドコンセプトを表現している。新たに設立されたこのブランドのコンセプトは、「暮らしの中のたのしい"ひととき"を提供する」というもの。動画を見るとその雰囲気がとても良く伝わってくる。

デスクトップに表示させられる「手づくり時計ムービー」

手づくり時計ムービーのサイト

YouTubeの動画だけではなく、24時間の手づくり時計ムービー「HITOTOKI CLOCK」というサイトも用意されている。こちらにはリアルタイム版も用意されており、クリックすると現在の時刻が分刻みで画面中央に表示される。

時計の背景や長針、短針はアナログな方法で撮影されている。前出のダイジェスト版を見ていただければ分かるとおり、すべて人の手によって1分ごとに切り替えられている。

長針と短針は花やカテラリーや文房具類など様々。一日24時間を1分毎に表示しているので、合計で1440パターン(24時間×60分)というものすごい数の作業だ。これをひたすら動画として撮影しているというのがとにかくすごい。

そんなすごい手間をかけて作られた動画は、逆にノンビリとしていてなんだか良い雰囲気だ。これをデスクトップに流しておくと、慌ただしい週の始まりもノンビリとした気分で過ごせそうだが、見入ってしまって仕事にとりかかるのが遅くなるかもしれない。

www.kingjim.co.jp