読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【文具店めぐり】人気のキャラクター「おはぎやま」のフェアが吉祥寺「36(サブロ)」で開催中!

文房具も好きだが文具店自体も好きだ。今まで行ったことのないお店を訪問するのも楽しいし、お気に入りのお店に定期的に足を運ぶのも楽しい。文房具の並んだ空間自体が好きなのだが、お気に入りのお店でお気に入りのキャラクター商品が並んでいるとさらに幸福感が増してしまう。

「おはぎやま」フェアを開催中

おはぎ山フェア

吉祥寺にある文具・雑貨のお店「36(サブロ)」では、5月10日まで「おはぎやまフェア」を開催している。お店に入って左側にある”ココノ棚”には、力士キャラクターおはぎ山の商品がずらりと並べられている。

おはぎやまフェア

”おはぎやま"は吉祥寺発のお相撲キャラクターで、ふんわりとした雰囲気で徐々に人気が出てきている。関連した書籍が発売されたこともあって、最近になってグッズの種類が一気に増えてきた。

「おはぎやま」商品の数々

スタンプやブックカバー、ポチ袋などもシンプルなデザインが良いなと思う。

マスキングテープなど

f:id:polepole103:20170422083548j:plain

f:id:polepole103:20170422083604j:plain

ここまで色々な商品が並べられていると圧巻だ。どれを買おうか悩んでしまうし、思わず散財してしまいそうだ。それだけ多種多様な商品が並んでいて楽しい。

最近では色々な雑貨店で販売されているだけではなく、LoFtなど大型店舗でも扱われ始めた”おはぎやまグッズ"。個人的に今一推しの注目キャラクターだ。

「36(サブロ)」ってどんなお店?

f:id:polepole103:20160908135625j:plain

JR吉祥寺駅北口から武蔵野八幡宮方面にトコトコと歩き、東急百貨店を過ぎたT字左側の小さなビルにある階段を登ると文具・雑貨のお店「36(サブロ)」がある。そこだけ時間の流れがゆっくりとしているような昭和レトロな空間で、並んでいる商品も落ち着いたものが多い。

f:id:polepole103:20160908135718j:plain

入り口のドアは格子のガラス戸。それ自体も懐かしくて、タイムスリップして来たような不思議な感覚にとらわれてしまう。吉祥寺はおしゃれなお店が多いが、ここはきらびやかではないのにおしゃれな雰囲気が漂う素敵なお店だ。

■「36 Sublo」

住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-16 原ビル2階
電話・fax 0422-21-8118
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜日

「おはぎやま」ってどんなキャラクター?

f:id:polepole103:20170422091004j:plain

"おはぎやま”は、イラストレーターのナガノチサトさんと雑貨ブランド「西東」のコラボで生まれた力士キャラクター。 ほのぼのとした雰囲気が良く、徐々に人気が出てきたキャラクターだ。今回ご紹介した文具・雑貨のお店「36(サブロ)」の店主がコラボされている方のお一人で、見ているだけでもほのぼのとするキャラクターに惹かれてしまう。

最近発売された書籍「おはぎやまと学ぶ 日本のしきたり」も売れ行きが順調のようで、それに伴ってグッズの種類も増えてきたという好循環のようだ。

小さなプロジェクトから生まれて大きく育ってきた”おはぎやま”。これからの展開が楽しみだ。

おはぎやまと学ぶ 日本のしきたり

おはぎやまと学ぶ 日本のしきたり