おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

「世界一細いノック式ボールペン」は名刺入れにも入る便利モノだった

子どもの頃には「世界一」だとか「世界初」だという言葉にワクワクしたものだ。世の中は高度経済成長期であり、人類が初めて月面着陸した時代だ。時が過ぎて半世紀以上生きてきても、相変わらず「世界一」という言葉には弱いようだ。

世界一細くて便利なノック式ボールペン

ミニモボールペン

先日購入したのが、”世界一細いノック式ボールペン”として発売されているOHTO「ミニモボールペン」だ。手帳用の細いボールペンは他にも発売されているが、ノック式というのはこのボールペンだけということだ。

ミニモボールペンのアップ

軸の直径が3.7mmと非常に細いが、カチッと押してペン軸が出てくるノック式の機能には正直言って驚かされる。

また、書き終わったら軸の横にあるサイドノック解除を使って軸を仕舞うことができる。こんなに細いのに、ノック式の機能が詰め込まれているのはすごい。

ミニモボールペンで書いてみる

ボール径も0.5mmと非常に小さいが、書き味は思ったよりも滑らかだ。軸が細いので力を入れにくいのが難だが、多少走り書きをしてもかすれることはない。普通に使うぶんには十分使えるという感覚を受けた。

ミニモボールペンと専用ケース

このボールペンにはホルダーがついており、細い軸をそのまま刺して持ち歩くことができる。また、ホルダーのサイズが名刺サイズなので、このまま名刺入れに入れて持ち歩くことも可能だ。

f:id:polepole103:20170321211413j:plain

モレスキン リポーター クラシックに取り付けてみたが、ホルダーをノートの間に挟むだけなので便利に使える。普通に使っている分には落ちにくいし、下敷きがわりにもなって良い。 

メモ帳を普段よく使う人には便利なボールペンだと思う。 

オート ミニモボールペン ブラック NBP-505MN-BK

オート ミニモボールペン ブラック NBP-505MN-BK

 

細いボールペンは案外多い

f:ZOOM 707 0.7mm

細身のボールペンというのは案外人気で、私もトンボ鉛筆の油性ボールペン「 ZOOM 707 0.7mm」を普段使いにしている。写真をご覧いただいて分かるとおり、非常に細身でスタイリッシュなボールペンだ。

多機能ボールペン バーディスイッチ

また、メモホルダーと一緒に使っているのはパイロットの「多機能ボールペン バーディスイッチ」というボールペン。片方がシャープペンシルになっており、後部のキャップを外すとボールペンになるという便利なミニボールペンだ。

スーツの胸ポケットに常に入れてあり、何かを思いついた時やちょっとした打ち合わせの時などに重宝している。 

使いやすさよりもコンパクトさを選ぶ理由

筆記具というのは書きやすい方が良い。当たり前のことだが、書きやすいということと持ち運びしやすいということとは正比例しないから困ってしまう。

 例えば、今私が一番書きやすいなと思っている筆記具がパイロットのレグノ89Sという万年筆だが、これを常に胸ポケットに刺して歩けるかというと少し邪魔だ。長い文章を書くのであれば書きやすい筆記具が疲れなくて良いが、メモを取るのであれば「コンパクトで書きやすいペン」が必要となる。

そうやって軽量コンパクトなボールペンを探しては使ってみるのだが、そうこうしているうちに手元がボールペンだらけになってしまうのが文房具好きの困った点だ。今度整理して誰かに使ってもらうことにしよう。