おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

”文章をもう少し上手に書きたいな”と思ったときに読みたい一冊

ブログを書いてると、書くこと自体に行き詰まることがある。書くことが無いというのではなく、書きたいことがうまく書けないという感じだろうか。これは、ブログに限らず手紙やレポートを書くときにも同様なのだが、そんなときに読んで参考になる書籍を再度ご紹介させていただきたい。 

本格的に文章を学ぶなら「ホンカク読本」

「ホンカク読本」表紙

文章を書くうえで個人的に最も勉強になっているのが、 森末祐二さんが書かれた「ホンカク読本 ライター直伝! 超実践的文章講座」という一冊。以前から何回もご紹介させていただいている書籍で、文章を書くための様々なノウハウや知識が詰め込まれた一冊だ。

薬で例えれば、「ホンカク読本」は体質改善のための漢方薬というところだろうか。読んですぐに文章力が高まるわけではないが、何回か読んでいるうちに様々なケースに対応した文章が書けるようになる。そんな一冊だ。

 【内容】
第一章 書く前にしておくこと
 テーマを決めて資料を集め、あらすじを考えてから書き始める/資料からキーワードを抜き出し、文章の設計図となるプロットをつくる/ほか
第二章 読みやすく書くポイント
 一行目で読者の心をつかむ 書き出しがその文章の運命を決める/言葉の並べ方でリズムが変わる 順番を変えたり、つなぎ方を工夫したり/ほか
第三章 ルールを守って書こう
 「です・ます」と「だ・である」を混用しない ただし共存するケースもある/特定の商品名は使わない ただし使えるものもある/ほか
第四章 文章に深みを増す方法
 「なぞかけ」でストーリーを考える 意外性が文章を面白くする/論理が飛躍しないよう注意する 矛盾なく、過不足なく、十分な説明を/ほか
第五章 書き手が心得ておきたいこと
 流行語は使わない。ほとんどの場合、数カ月後には恥ずかしい言葉になる/書き終えたあと、時間を空けて推敲し細部まで修正して原稿を完成に近づける/ほか

(Amazon内容紹介からの抜粋)

目次をご覧いただいただけでもお分かりいただけると思うが、文章を書くための単なるテクニックが記されている本ではない。プロットの作成から文章を書くうえでのポイントやルールなど、基礎的なことが系列立てて書かれている一冊だ。

これを読めば一気に文章力が高まるというわけではないが、ひとつひとつの内容を少しずつ自分の文章に取り込んでいくことによって、確実に読みやすい文章になるだろう。さらに、何回も読み返すことで、確実に文章力が高まっていくことは間違いない。

何回も読み返している私の文章がこの通りなので、効き目がないんじゃないのかと思われそうで著者には申し訳ない。

しかし、以前書いた文章と見比べると、主語の重複が排除されたり情景が思い浮かぶような文章になったりと、少しずつながら進歩しているのではないかと思う。日々鍛練なのである。

ホンカク読本 ライター直伝!  超実践的文章講座 (Parade books)

ホンカク読本 ライター直伝! 超実践的文章講座 (Parade books)