読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

文房具好き必見のZINE「フムフムノート」が再販開始!リニューアルされた”おまけ”も素敵だ

読書 読書-文房具

文章作成から校正、写真撮影やレイアウトなどのほとんどすべてを自分で行うZINE(ジン)。それだけに、内容が個性的だったりニッチだったりと楽しいものが多い。以前ご紹介した「文房具好き必見のZINE」もその一つだが、好評につきこのたび再販が開始された。いや、めでたい!

文房具好きのための「フムフムノート」

「フムフムハック」のトップページ

文房具に関する情報が山盛りの「フムフムハック」というサイトがある。単に商品紹介が掲載されているだけではなく、レビューなども丁寧で分かりやすくて素敵なサイトだ。

そのサイトで「フムフムノート」という自費出版の小冊子を製作し販売していた。「文房具好き必見」の帯文字に惹かれて購入させていただいたが、確かに文房具好きならブンブンと肯くであろう内容だった。

ページ数は20ページに満たないのだが、作者であるやまぐちさんの文房具愛というかノート愛が素晴らしい。イラストも可愛くて説明もわかりやすく、同封されてくる”おまけ”や一言メモにもお人柄が表れている。元々フムフムハックのファンだったが、購入したことでやまぐちさん自身のファンにもなってしまった。

「フムフムノート再販売開始」のお知らせ

ちょうどその頃ツイッターで「再販希望の方を募っている」ことを知り、それを先日記事にさせていただいた。しばらくすると、「文房具のZINE【フムフムノート】minneで再販スタートしました! 」とのお知らせがフムフムハックに掲載された。これはめでたい。

記事中で私のブログを紹介していただいたが、私が記事にしたからではなく元々人気があったから再販の要望が高かったのだろう。

また、小冊子の内容もさることながら「『文房具好きが自ら小冊子を製作して販売する』ということを応援したい」という人が多いのだろう。私もその一人だ。小冊子の内容も十分素晴らしくて読み応えがあるし、それを一人で作っているというのもすごい。すごいだらけなのだ。

小冊子を読んで「ノートが欲しいな」と思う以前に「自分もこんな小冊子を作ってみたい」と思わせられる一冊。そんな魅力もこのフムフムノートにはある。自費出版のお手本を手元に置いておくという意味でも、文房具好き必見の一冊ではないだろうか。

www.fumufumu89.com

minne.com

今回の「おまけ」も素敵だ

「フムフムノート」とおまけの数々

写真は前回購入した際に届いた内容物だが、小冊子もさることながら「おまけのメモ帳など」がとにかくたくさん入っていた驚いた。ありがいことだし嬉しいことだ。手書きのお礼メモまで入れていただき、まるで親しい文房具仲間から届いたような錯覚する覚えてしまう。

「フムフムノート」のおまけ
http://www.fumufumu89.com/minne-fumufumunote-saihan/

今回の再販に関する記事ページを拝見していたら、”おまけ”もリニューアルされたとのこと。ちょっとしたことながら、温かい心遣いだなと思う。しかも、印刷がとてもレトロな感じで素敵だ。

「あれ?どこかで見たことのある印刷のテイストだな〜」と思っていたら、大阪の「レトロ印刷JAM」さんで行われたとのこと。素敵なカフェなども経営している手紙舎さん出版の「レトロ印刷の本」でも登場する印刷会社さんで、とても素敵な印刷方法だなと思った覚えがある。

そんな想いを綴った記事を書いたのが2014年6月のこと。それから2年半を経て「フムフムハック」でレトロ印刷について目にするというのも、ぐるっと回って奇遇だなと感じた。レトロ印刷の"おまけ”はその時点でもう"おまけ"じゃないような気もするが、それも含めて「フムフムノート」の一部なんだなと感じた。

”おまけ”だけでも欲しいなと思ったが、第2弾のZINEも春には登場するようなので、その時までのお楽しみにしておこうと思う。