おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【新商品情報】コクヨからこだわりアイテム「オロビアンコデザイン・IDカードホルダー」が新登場

総合文具メーカーのコクヨでは、様々な自社商品の他にコラボ商品なども発売している。大きなメーカーならではのコラボ商品は、機能性だけではなくデザイン性も追求しているようだ。

イタリアのファクトリーブランドとのコラボ商品

コクヨ「オロビアンコデザインのIDケース」
http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2017/01/1904.html

コクヨが2017年2月10日から発売を開始するのが、イタリアのファクトリーブランド「オロビアンコ」デザインの「Orobianco(オロビアンコ)IDカードホルダー・ハードタイプ」だ。

樹脂性のハードタイプながら、薄くて軽いカードケースが本体となっている。また、伸縮するリールがついているので、非接触型のIDカードを使う時に便利だ。商品のタイプは、ロングストラップ縦型、ロングストラップ横型、ショートストラップループ型の3タイプで、いずれも各3,000円(税別)での発売が予定されている。

ファクトリーブランドとは、工場やメーカーが独自で展開しているブランドのことで、オロビアンコはイタリアのファクトリーブランドとして人気があるようだ。私は今回コクヨの新商品情報で初めて知ったのだが、独特のデザインには高級感が漂っていてなかなかオシャレで素敵だなと感じた。

「trystrams(トライストラムス)」のHPコクヨでは従来から「trystrams(トライスタラムス)」というデザイン文具ブランドを展開してきている。”こだわりにビジネスアイテム”として展開しているブランドだけに、オロビアンコデザインも高級感とこだわりを醸し出すのに最適だろう。

普段使うものだけに、こだわりのある商品というものは良いなと思う。

セキュリティカードにはリール式が便利

f:id:polepole103:20160114212754j:plain

https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/ideo/lineup_smooth.html

私が以前使っていたIDカードホルダーは、コクヨの「IDカードホルダー IDeo SMOOTHSTYLE 」という商品のブラックタイプ。ストラップがリール式になっているので、カードリーダーが設置されている出入り口ではとても便利な商品だ。

 f:id:polepole103:20160116201506j:plain

このIDカードホルダーは裏側の蓋を開けて入れるタイプなので、IDカードが落ちる心配もない。大切なカード類だけに、カチッと裏蓋が閉まるというのは安心できる点だろう。

また、IDカードも3枚ほど入るので、非接触型ICカードのセパレートカードを入れて裏面と表面を使い分けるのも良いかもしれない。 

コクヨ IDカードホルダー IDeo 黒 NM-R390D

コクヨ IDカードホルダー IDeo 黒 NM-R390D

 

木の感触が優しいIDカードホルダー

f:id:polepole103:20160224163816j:plain

現在メインで使っているのが、木製デザイン雑貨の「Hacoa DIRECT STORE(ハコア ダイレクト ストア)」が製造・販売している「木製ID-CardCase」という商品。いくつか木の種類があるが、手触りと色合いが自分の好みとピッタリ合ったローズウッドを使っている。

カードを2枚入れてその間に干渉防止カードを挟み、アクリル板を閉じてストラップを中央のホールに通すとしっかりと固定される。思った以上に軽くて非接触型のカードリーダーにかざしても、思った以上に反応が良い。

f:id:polepole103:20160206225836j:plain

http://www.hacoa.net/id-cardcase.html

木製品はなかなか値段が高くて手が出しにくい。しかし、毎日持ち歩くものだけに、手触りの良さと使い込むほどに色つやが良くなるところがお気に入りだ。今回ご紹介したIDカードホルダーも含めて、普段使いの道具の中にちょっとだけ贅沢なものを入れてみるというのも張り合いが出て良いと思うがいかがだろうか。