読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【新商品情報】キングジムの便利物「ディスプレイボード」に新サイズ・新色が登場

前回、前々回の記事を含めると、キングジムの新商品三連発となる。特に意識したわけではなく、キングジムが一挙に発表したので一挙に記事にしているという次第だ。とはいえ、文房具好きにとっては新商品の発売は無条件で楽しいしワクワクする。

今回ご紹介する新商品は、人気のある商品のカスタマイズという位置付けのようだ。

ディスプレイの上を有効活用する道具

キングジム「ディスプレイボードDB-200」
http://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_21395

キングジムが2017年1月27日に販売開始を予定しているのが、液晶ディスプレイの上を有効活用する「ディスプレイボードDB-200(横幅20cmタイプ)」という商品。液晶ディスプレイの上を小物置きとして有効活用する商品だ。 

どこかで見たことがあるぞという方も多いと思う。それもそのはず、昨年3月には横幅50cmのタイプが発売されている。今回は、新サイズの導入という形での新商品だ。

キングジム「ディスプレイボードDB-500」
http://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_20713

2016年3月から発売されているのはこちらのタイプ。液晶ディスプレイ上のスペースを有効活用する「ディスプレイボードDB-500」という商品だ。

f:id:polepole103:20160313095140p:plain
http://www.kingjim.co.jp/products/office/displayboard

取り付けは簡単で工具も不要。商品前面部分の窪みをディスプレイに引っ掛け、アームをディスプレイ背面に固定するだけ。調整ボタン部分がロックされるので、ドライバーなどの工具が不要だ。

「ディスプレイボードDB-200」の取り付け方法
http://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_21395

新たに発売されるDB-200もほぼ同じ方式で固定できるようになっている。従来品よりも横幅が狭いため、よりしっかりと止まるのではないかと思われる。また、液晶ディスプレイの上部全体を使うのは少々大げさだと思っている方にも、さりげなく使えて良いのかもしれない。

「ディスプレイボード」仕様一覧

寸法や価格は一覧表のとおりだ。また、今まではカラーが黒一色だったが、新サイズも今までのサイズも「黒」と「白」どちらかを選べるようになる。部屋やデスク周りの雰囲気を考えて選ぶのも良いだろう。

価格的にも「ちょっと試しに買ってみようかな」と思える価格帯にもなってきているのが嬉しい。

キングジム ディスプレイボード 横幅20cmタイプ 黒 DB-200クロ

キングジム ディスプレイボード 横幅20cmタイプ 黒 DB-200クロ

 
キングジム ディスプレイボード 黒 DB-500クロ

キングジム ディスプレイボード 黒 DB-500クロ

 
キングジム ディスプレイボード 横幅50cmタイプ 白 DB-500シロ

キングジム ディスプレイボード 横幅50cmタイプ 白 DB-500シロ

 

パーテーション取り付けにも興味あり

壁への取付方法図解
http://www.kingjim.co.jp/products/office/displayboard

昨年「DB500」が発売された時にも感じたことだが、「パーテーションに取り付けても使える」という商品特徴。これは案外便利だなと思う。

私の職場では、一人一人のデスクがパーテーションで仕切られている。ありがたいことにデスクはかなり大きくて広々としているが、逆に使いたいものが平面的に広がってしまうという難点もある。できるだけ座ったままいろいろなものを取り扱いたいので、パーテーションに取り付けて棚がわりになるというのはありがたい。

今回幅の狭いタイプが発売されるので、ディスプレイにもパーテーションにもそれぞれ試して見たいと思う。