読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【書店めぐり】京都の素敵な書店といえばここ!「恵文社 一乗寺店」に行ってきた

「恵文社一乗寺店」HP

 京都に行ったら一度は行ってみたいと思っていたのが、”本にまつわるあれこれのセレクトショップ”をうたっている「恵文社一乗寺店」。数年前から行ってみたいなと思っていたが、今回念願かなって訪れることができた。

書店を超えた書店  

檜山電車「一乗寺駅」の看板

JR京都駅から電車を乗り換えて40分ほど。叡山電車にトコトコ揺られて「一乗寺駅」で電車を降り、西の方向に2〜3分ほど歩くと「恵文社一乗寺店」がある。

恵文社一乗寺店の前景

恵文社一乗寺店は書店を中心として本にまつわる色々なものが集められており、真ん中に書店、向かって右に生活雑貨のお店を、向かって左に雑貨とギャラリーのお店を、奥にはイベントスペースを有している。

普段であれば自分名刺を出して店内撮影の許可をいただくところだが、静かでどことなく厳かな雰囲気が流れている店内では、たとえ許可をいただいてもシャッター音を響かせるのがおこがましいなと感じた。カシャカシャと写真を撮るのは無粋だとも思える。

恵文社一乗寺店フロアガイド
http://www.keibunsha-store.com/about/floorguide

ということで、店内の写真撮影は断念した。手抜きな感じで恐縮だが、恵文社一乗寺店のホームページにあるフロアガイドをご覧いただきたい。

面白いなと思ったのは、いわゆる”売れ筋”の本が並んでいないということ。ベストセラー作家さんの作品が並んでいるのではなく、「他の書店ではあまり見かけないが思わず手に取って見入ってしまう」というような書籍がずらりと並んでいる。

本のジャンルは特定されておらず、美術的なものがあったりエッセイ物があったり文学的なものがあったりと様々だ。それでもアンティークな棚やテーブルに並べられている本はそれぞれに個性があって、一つ一つの表紙をじっくりと見ながら店内を歩いた。

いつまでも居たくなるような、時間がゆっくりと流れているような、不思議な感覚を覚える書店だ。

中庭から見た書店側のドア

お店の奥にある扉を出ると小さな中庭があって、そこを曲がるとイベントスペースと雑貨・ギャラリーのスペースにつながっている。こういった部分も静かなワクワク感を覚えさせてくれる。

中庭から見るイベントフロア

中庭を横切ってイベントスペースと雑貨・ギャラリースペースに入ったが、どちらも素敵なスペースだった。特に雑貨・ギャラリースペースには、本好き文房具好きにはたまらない商品がセンス良く並んでいて目の毒だ。

今回は限られた時間の中で店内の雰囲気を楽しんで買い物を楽しんだが、次回はもっとゆったりと時間を作ってのんびりと店内を楽しみたい。そんなことを思わせてくれる、予想通りの、いや予想以上に素敵なスペースだった。 

住所:京都市左京区一乗寺払殿町10
電話: 075-711-5919 / FAX: 075-706-2868
営業時間: 10:00 – 21:00 

店舗までの通りも良い雰囲気

比叡電車の一両編成電車

今回、比叡電車に乗って一乗寺駅で下車したが、それ以前にこの電車に乗ったのはもう何年前のことだっただろうか。息子がまだ幼い頃に一度乗った記憶があるが、それがいつだったかは定かではない。

一乗寺駅から西側に伸びる通り

一両だけの電車を降りて改札のない小さな駅の階段を数段降りると、線路を挟んで東西に通りが走っている。商店街というわけでもなく住宅街というわけでもなく、それでもポツポツと買い物ができるお店が並んでいる。

美味しい香りが漂うパン屋さん

和菓子屋さん

美味しい香りを通りまで漂わせているパン屋さんや、昔ながらの手作り和菓子のお店などがポツポツと通りの左右にお店を開いている。さらに、糸を売っている雑貨屋さんや小さなスーパーなどが軒を連ねており、住みやすい場所なんだろうなということを感じさせられた。

この辺りは京都市の東北部にあたる場所で、比叡電車を乗って行くと鞍馬寺や貴船神社など観光名所につながっている場所でもある。

恵文社一乗寺店の雑貨店

そんな場所にある恵文社一乗寺店は、想像しているよりもとても静かな佇まいで非常に落ち着いたお店だった。京都というと海外からも多くの観光客が訪れる観光名所がいたるところにあるが、そういった場所だけではなくこういったお店を探して歩くのも楽しいだろう。

京都の街は高校生の頃に修学旅行で訪れてからというもの、有名観光地は何回か訪れたことがあるが、次回はもう少し観光地から離れた場所を楽しんでみたいなと思う。