読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

その場でオリジナルスタンプが作れる「OSMO(オスモ)」が大人気

文房具 文房具-おすすめ

スタンプをポンポンと押すのは楽しいが、スタンプ台でインクをつけなければならないのが少々面倒だ。インクが不要の浸透印スタンプもあるが、オリジナルを作るには価格が高い。しかし、浸透印スタンプを手軽に作ることのできるサービスが始まり、巷で人気となってきている。

シヤチハタのスタンプ自販機「OSMO(オスモ)」

f:id:polepole103:20161023182104j:plain
http://www.shachihata.co.jp/pressrelease/2015/osmo-b2b.php

ポンと押すだけのネーム印で有名なシヤチハタが、手軽にスタンプを自作できる「OSMO(オスモ)」の設置を開始した。

2016年3月から観光施設などで順次配置を開始したようだが、最近では大型文具店などに配置され始めているようだ。今年度中には全国100か所に配備を予定しているようなので、首都圏では大規模な文具店等から順次配備されるのではないかと思われる。

f:id:polepole103:20161023215839j:plain
http://www.shachihata.co.jp/pressrelease/2015/osmo-b2b.php

「OSMO(オスモ)」は簡単に浸透印スタンプを作ることのできる機械だが、作る時にはまずは機械が設置されている店舗でスタンプホルダーを購入する。大きさが3種類、ボディーカラーも3種類あるので、好みの大きさとカラーを選ぶことができるようになっている。

あとは機械で印面を作成していくことになるが、あらかじめ用意されている素材を使うこともできるし、手書きの文字を入れていくこともできる。また、オスモパークにスマホで接続し画像を登録しておくことで、自分で撮影した写真も使うことができる。

自分の持ち物に押すのも良いだろうし、メモを書いた時に名前代わりに押しておくのも良いだろう。いろいろな場面で使うことができるスタンプは、機械の設置が増えれば増えるほど使う人も増えてきて、徐々に人気が広がっていくのではないかと思う。

想い出やメッセージをその場でスタンプに。 これまでにない“スタンプ自販機”「OSMO(オスモ)」この春登場! 商業施設や観光地、テーマパークなどに順次設置予定|シヤチハタ

www.shachihata.co.jp

ところでどこに設置されているの?

先月、文具メーカーが集まる展示会に出かけた時には、OSMOの実演と無料製作を行っていた。すごい行列だったので遠目で見るだけだったが、確かに画面を操作しながら自分だけのスタンプを作るというのは楽しそうだ。

しかし、どこに設置されているのかが今ひとつわからない。シヤチハタのホームページにもまだ設置場所が掲載されていないので、口コミでの情報を集めるしかないのが実情のようだ。

基本的には商業施設や観光地などに先行して設置されるようだが、東急ハンズ仙台店やロフト池袋店などにも置いてあるという情報もTwitterで流れていた。しばらくはTwitterで「#オスモ設置場所」と検索するにが一番早い方法かもしれない。