おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

そろそろクリスマスに備えよう!「サンタさんからの手紙」の受付が開始

ようやく涼しくなってきた東京地方。ここ数日は、朝起きたときに寒いなと感じるぐらいだ。暑い夏が過ぎるとホッと一息つけるようになるが、暦を見ると今年も残り2か月半。ちょっと早い気もするが、そろそろクリスマスのことを考え始めても良い時期になってきた。

フィンラドから届く「サンタさんからの手紙」を申し込む時期

f:id:polepole103:20161014124632j:plain

クリスマス時期の素敵な贈り物として人気なのが、フィンランドから届く「サンタさんからの手紙」というサービス。事前に申し込んでおくとフィンランドから国際郵便でサンタさんからの手紙が届くというもので、今年も事前受付が開始された。

「北極圏のサンタさんへ…」と、世界中の子どもたちからフィンランドのサンタクロース宛に、毎年数十万通もの手紙が寄せられます。

フィンランドのロバニエミの人々が「子どもたちの夢を壊すわけにはいかない」と返事を書いていたのがきっかけとなって、サンタクロース中央郵便局が開設されました。

毎年世界約150 カ国から手紙が届きます。なかでも日本の子どもたちから届く手紙が一番多く、近年ではあまりに多くの手紙が寄せられるために、その全てにお返事が出せなくなってしまいました。

そこで日本・フィンランドサンタクロース協会が設立され、日本中どこからでもフィンランドに住むサンタクロースと手紙のやり取りができる「サンタさんからの手紙」が誕生したのです。

サービスが始まるきっかけは、1920年代フィンランドのラジオ局が流した「サンタクロースは、耳の形をしたコンバトントリという山に住んでいる」という放送。それをきっかけに「サンタクロースはフィンランドの北極圏に住んでいる」という話が世界中に広まった。

世界中からサンタクロース宛てに届く手紙を見て、フィンランド政府が作ったのがサンタ郵便局だ。北極圏に近い町ロバニエミに作られたサンタクロース中央郵便局には、毎年世界中の子ども達からたくさんの手紙が届くようだが、子ども達の夢を壊さないという想いから作られたというのは、はとても素敵な話だなと思う。

申し込みの締め切りは12月1日。私も息子が幼い頃には毎年利用していて、クリスマス直前に届く国際郵便を見て目を丸くして喜んでいた息子の笑顔を今でも思い出す。今年は10年ぶりに息子宛てに出してみようかな。

英文表記やプレゼント付きもある

f:id:polepole103:20161014125628j:plain
http://jf-santa.gt.shopserve.jp/SHOP/3.html

「サンタさんからの手紙」は子ども向けと大人向けに分かれているほか、英文で届くように依頼することができる。また、海外在住者に対して送ることもできるようなので、贈る相手によって変えてみるのが良いだろう。

f:id:polepole103:20161014130028j:plain
http://jf-santa.gt.shopserve.jp/SHOP/9.html

また、サンタさんからの手紙だけではなく、マーブルチョコレートやペーパークラフトとセットになった贈り物セットもある。どれも、クリスマス時期らしい素敵な内容だなと思う。

なお、手紙なしのプレゼントだけというのもあるので、贈る相手によって変えてみるのも良いだろう。国際郵便で何かが届くというのは、それだけでもクリスマス気分に浸れる楽しくて幸せな出来事ではないだろう。

年の瀬が近づいていくると

私は子どもの頃に、小学校低学年までサンタクロースの存在を信じていた。それを見事に打ち砕いたてくれたのは3歳年上の兄だが、兄弟がいる家庭では今も昔も大なり小なり同じなのではないだろうか。

サンタクロースを信じるかどうかは別にして、クリスマスを心から祝うかどうかも別にして、年の瀬が近づいてくるに連れて街が徐々に電飾で飾られていく様子というのは素直に楽しい。

徐々に寒くなってきて、コートの襟を立てるようになり、せわしない年末を迎えた時に、ふと気がつくと街が電飾で輝くいているのに気づいて足を止める。そんな慌ただしさと一瞬のホッとする時間とが入り混じった時期というのが、私の中では年末のイメージだ。

今年も残り2ヶ月半。良い年の瀬が迎えられるように、仕事も頑張り健康にも気をつけたいと思う。