読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

銅製の万年筆「Kaweco (カヴェコ)リリプット カッパー」があまりにお気に入りなので専用ケースを買ってみた

f:id:polepole103:20160813170500j:plain

お気に入りの文房具類というのは、常に手元に置いておきたい。特に万年筆は使えば使うほど愛着が湧くので、持ち歩いて使うことも楽しみの一つだ。しかし、お気に入りであればあるほど持ち歩いて傷がついたりするのが気になり、さてどうしようかと悩むこともある。

お気に入りの銅製万年筆

f:id:polepole103:20160813170314j:plain

先日、転勤祝いとして知人にプレゼントしていただいたのが、ドイツKaweco社製の万年筆「Kaweco (カヴェコ)リリプット カッパー(銅)」。本体が銅で出来ており、コンパクトながらも適度な重さのある万年筆だ。

Kawecoは1883年ドイツで創業された会社で、ドイツでも古い筆記具メーカーとして知られていた。しかし、1970年代に会社は無くなり、現在は同じドイツにあるGutberler Gmbh社によって復刻版が発売されている。

大きさは直径約9.8mm、収納時の長さ約96.5mmとコンパクト。 しかし、キャップをひねって軸の後ろに接続すると、使用時の長さが約125mmほどになって書きやすくなる。125mmという長さは一般的な筆記具に比べてやや短いが、本体に適度な重さがあるため書いていて安定感がある

真鍮製やクラッシックなものはいろいろなサイトやお店で見かけるが、銅製というのはなかなか見つからず珍しい。この万年筆を探し出してプレゼントしてくださった知人にはとても感謝しているし、滑らかな書き味がとても良いお気に入りの一本だ。

専用の革製ケースに入れて持ち運ぶ

f:id:polepole103:20160909224515j:plain

コンパクトな万年筆でしっかりとしたケースに入っているので、自宅のデスクに置いて使ってきた。家での書き物の時に取り出しては書いていたのだが、この使い方だとどうしても使う頻度が落ちてしまう。

万年筆は日頃から使うことによってインキが固まるのを防げるので、使うことがメインテナンスの一つにもなる。それだけに持ち歩いて使うのが良い。

他の万年筆は革製のペンケースに入れて持ち歩いてるのだが、この商品は短くてコンパクトなので通常のペンケースでは埋もれてしまい取り出せない。やはり専門のケースに入れて持ち運ぶのが良いのだろう。

f:id:polepole103:20160909224833j:plain

専用のケースには一本挿しと二本挿しとがあり、本体に合わせてシンプルでシックな造りとなっている。価格も手ごろなので気軽に購入できる点も良い。自宅では金属製の缶ケースに入れて家で使い、普段は革ケースに入れてビジネスバッグのポケットに放り込んでおく。そういう使い方ができるようになったので便利だ。

f:id:polepole103:20160910072941j:plain

たまたまだとは思うが、革ケースに入れたままでも缶ケースに収めることができた。いちいち革ケースから取り出さなくても良いので便利だ。

お気に入りだからこそ持ち歩きたいが、お気に入りだからこそ家で大切に使いたい。相反する気持ちが湧いてしまうのも、この万年筆が本当にお気に入りだからこそのことなんだと思う。

文房具好きで文字を書くのが好きだが、お気に入りの道具を持ち歩いて使うことでさらに文章を書くことへのモチベーションが高まってきて嬉しい。 

KAWECO カヴェコ リリプット専用ケース コニャック 1本用

KAWECO カヴェコ リリプット専用ケース コニャック 1本用

 

万年筆のケースは素敵なものが多い

f:id:polepole103:20150211082228j:plain

デシモやレグノ89sなどお気に入りの万年筆は、傷がつかないようにいんのしま ペンケースに入れて持ち歩いている。この他にも革製の素敵なペンケースがたくさん発売されていて、文具店で見かけるとじっと見入ってしまうこともあるぐらいだ。

それでも、自分で持っている万年筆の値段以上のケースを使うのは本末転倒のような気がしていて、道具選びというのも難しいものだなと思う。 

革工房いんのしま ペンケース

革工房いんのしま ペンケース