読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【お出かけ情報】深大寺の鬼太郎茶屋で妖怪マスキングテープを入手する

f:id:polepole103:20160814135111j:plain

国民的アニメと呼ばれるものはいくつかあるが、水木しげるさんの描かれた「ゲゲゲの鬼太郎」もその一つだろう。私も子どもの頃に夢中になってコミックを読み、テレビのアニメにかじりついたことを思い出す。

東京都調布市の深大寺にゲゲゲの鬼太郎をモチーフとしたお店があり、各種お土産と共に限定のマスキングテープなどの文房具も置いてあった。

鬼太郎ワールドに浸れるお店

f:id:polepole103:20160814095809j:plain

東京都調布市の北側に位置する深大寺は、古くからの武蔵野の趣を残したお寺だ。参道にはこの地の名物でもある深大寺そばを食べられるお店が並び、休日ともなると大勢の人で賑わう観光名所でもある。

f:id:polepole103:20160814100249j:plain

その門前にあるのが、ゲゲゲの鬼太郎をモチーフとした「鬼太郎茶屋」というお店だ。店頭にはねずみ男と鬼太郎の等身大人形が備え付けられており、屋根には巨大な鬼太郎の下駄が乗っている。

f:id:polepole103:20160814103138j:plain

軒先には妖怪"一反もめん"がぶら下がっているが、これはお土産用のタオル。他にも目玉おやじのお団子があったり妖怪が勢ぞろいする手ぬぐいがあったりと、他のお土産屋さんとは一線を画した品揃えだ。

f:id:polepole103:20160814103145j:plain

1階はお土産が並ぶ「妖怪ショップ ゲゲゲの森」と喫茶の「妖怪喫茶」があり、2階は「妖怪ギャラリー」と「癒しのデッキ」がある。お土産を探すのもよし、一息つくのもよしのなかなか楽しいお店だ。

f:id:polepole103:20160814100029j:plain

お店の車も妖怪だらけ。

f:id:polepole103:20160814100432j:plain

妖怪喫茶からは妖怪たちの姿が垣間見える。

f:id:polepole103:20160814100111j:plain

壁際には塗り壁が隠れるようにひっそりと立っている。

f:id:polepole103:20160814135128j:plain

今回は色々なお土産と一緒に、妖怪マスキングテープを購入してきた。それ以外にもこのお店にしかないボールペンや付箋紙、一筆箋など限定文房具が色々とある。定番のお土産であるクッキーやマグカップなどもあるが、文房具が割と充実しているのは水木しげるさんのプロデュースだろうか。

休日に散策するにはとても良い地域だし、とても充実したお店だと思う。

■「鬼太郎茶屋」

 住所:東京都調布市深大寺元町5-12-8 ※深大寺門前
TEL 042-482-4059 FAX 042-441-1683
営業時間:AM10:00~PM5:00
定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌日に振替)

妖怪喫茶のメニューもなかなか美味しい

f:id:polepole103:20160814100447j:plain

ショップの奥にある「妖怪喫茶」は、こじんまりとしながらも落ち着いた雰囲気の喫茶コーナーとなっている。古い家屋を改造したお店だけに、その雰囲気をそのまま活かしている。

f:id:polepole103:20160814101719j:plain

f:id:polepole103:20160814101612j:plain

「一反もめんの茶屋サンデー(抹茶・黒みつ)」や「目玉おやじの栗ぜんざい」など、妖怪メニューと呼ばれる甘味が独創的で美味しい。これだけを食べにくるのも楽しいかもしれない。

少しだけ足を伸ばして武蔵野の趣を楽しむ

f:id:polepole103:20160814111021j:plain

妖怪茶屋から深大寺の裏側まで緩やかな坂を登っていくと、東京都立公園の神代植物公園がある。昭和36年に開園したこの公園は、バラ園や大温室などが広大な敷地内に広がっていて、のんびりと散策を楽しめる静かな公園だ。

f:id:polepole103:20160814111206j:plain

f:id:polepole103:20160814112444j:plain

f:id:polepole103:20160814112511j:plain

f:id:polepole103:20160814113548j:plain

特にバラ園は広大で庭園になっており、バラの開花時期には大勢の人が訪れる人気スポットとなる。神代植物公園には広い駐車場が2箇所あるので、ここに駐車をして深大寺と植物公園の両方を楽しむというコースも良いだろう。

散策しがいのある素敵な植物公園だ。