読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

タッチペンで液晶パネルを操作しボールペンでメモをする、おじさんにはタッチペンが便利だ

スマホやiPadなど、液晶パネルを操作することが多い。液晶パネルが登場した頃からタッチペンも登場し、携帯しやすいものから操作感にこだわったものまで沢山の種類が販売されている。私が使っているのはメモができるタイプだが、これが案外使いやすい。

タッチペンとボールペンが一体化

f:id:polepole103:20160731214431j:plain

ビジネスバッグの中に入れて持ち歩いているのが、ナカバヤシの「ツインヘッド タッチペン & ボールペン」というタッチペン。大小ふたつのペン先が付いているので、用途に合わせて使い分けることができる。

f:id:polepole103:20160731215354j:plain

iPadのように大きめのタブレットを操作するときには太いペン先を使い、スマホのように小さな液晶を操作するときには細いペン先を使う。操作感も良く反応もまずまずだ。

タッチペンの中には反応が若干鈍くてイライラするものもあるが、この商品はスマホなど小さな画面でも細いペン先が良く反応してくれる。

f:id:polepole103:20160731214514j:plain

さらにペン先にはボールペンも格納されているので、とっさにメモをしなければならない時には便利だ。外したペン先部分はタッチペンのお尻の部分に取り付けられるので、タブレットなどで調べ物をしてすぐにメモをするという使い方もできる。

タッチペンを使わなくても液晶パネルの操作はできるし、指で操作した方が素早く行える場合もあるだろう。逆に、スマホでIDなどを入力したり手書きソフトを使用する場合などは、タッチペンを使った方が正確で速い場合もある。用途に合わせて使い分けられるよう、使い勝手の良いタッチペンを一本用意しておくのは得策だ。

今回ご紹介したボールペン内蔵タイプであれば、メモ用としても使えるのでさらに便利だと思う。 

NAKABAYASHI Digio2 ツインヘッド タッチペン & ボールペン シルバー ECTP-06SL

NAKABAYASHI Digio2 ツインヘッド タッチペン & ボールペン シルバー ECTP-06SL

 

ブログ記事をスマホで打つ時にも便利

スマホでブログ記事を書いたり校正をしたりすることがあるが、そんな時にもタッチペンを重宝に使っている。

スマホで文字を入力する時には、親指を文字の上においてスライドさせるフリック入力を行うのが主流。若い方は目にも留まらぬ速さでこの操作を行っているが、おじさんになるとこれが誤変換の元でなかなかイライラさせられる。タッチペンを使うことで、そのイライラも解消することができる。

また、タッチペンのパッケージを見ると「液晶画面の汚れを防ぐ」と書いてあるものが多いが、歳をとると指の脂が少なくなって液晶はあまり汚れない。逆に液晶の反応が悪くなるので、誤操作が多くなるのかもしれない。

そう考えると、中高年にとってのタッチペンは、誤変換や誤操作を防ぐためにも良いアイテムだと言えるのではないだろうか。一本持っておいて損はない道具だ。