読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

ありそうでなかった18ヶ月を計画できる「モレスキン18ヶ月ダイアリー」

 今年もそろそろ一年の半分が過ぎようとしていて、あと2週間もすれば7月だ。関東地方も梅雨入りして蒸し暑い日が続いているが、梅雨が明ければ世の中的にも夏休みの計画を立てる時期になってくる。

  ぼやぼやしているとあっという間に年末を迎えそうだが、ロングスパンで計画を立てられるダイアリーがモレスキンから発売されている。

7月始まりの18ヶ月ダイアリー

f:id:polepole103:20160616122259j:plain

 ”伝説的ノートブック”と呼ばれるモレスキン。様々なタイプが発売されているが、今度は7月始まりの「18ヶ月ダイアリー」が発売された。7月から来年12月までのダイアリーが、見開き2ページに一週間分の記載ができるようになっている。

 開いて右側のページにスケジュールを書くことができるようになっており、右側には罫線が引かれたメモページになっている。スケジュールを書くだけではなく、付帯するメモをしっかりと書ける工夫だろう。

f:id:polepole103:20160617053339j:plain

 PCが一般的になる前はスケジュール帳を活用することが多く、大判のスケジュール帳に様々な予定を書くとともに、スケジュールの補足事項を細かく書いていた。今ではスマホのアプリを使って簡単便利に管理することができるようになったが、アナログなスケジュール帳も「書く楽しさ」があって良いなと思う。

 また、3月終わりのスケジュール帳は次年度分と連続した仕事やスケジュールがある場合には不便なので、18か月スケジュール帳を連続して使うという方法もあるだろう。使い方一つでいろいろと便利に使えそうなシリーズだと思う。

f:id:polepole103:20160617072901j:plain

 シリーズとして星の王子様バージョンやスヌーピー(ピーナッツ)バージョン、スターウォーズバージョンなどもあるので、好みに合わせて使っても良いだろう。

やっぱり使いやすいモレスキン 

f:id:polepole103:20160505214730j:plain

 モレスキンはイタリアのモレスキン社が販売する手帳のブランドで、撥水加工が施された硬い表紙と手帳を閉じるゴムバンドが特徴的な商品だ。

 私はラージサイズの「モレスキン エバーノート 方眼」を手話講習会用として使っているが、一年を通じて使う講習会用としてはちょうど良いページ数だ。エバーノートバージョンは、他のモレスキンよりも若干紙が厚めなのが気に入っている。

 最初にモレスキンを使い始めたのは、今から5年位前だったと記憶している。当時から色々な手帳を使っていたが、講習会など一つの目的のために使うのにしっかりとした作りのモレスキンが使いやすくて、それ以来講習会などの目的別に一冊ずつ使っている。

 お気に入りの手帳を持ち歩いていると、それだけでもモチベーションが上がる。若干高めの価格ながら効果は抜群だ。