読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

万年筆でも綺麗に書ける、小さいのに大きく使えるノート「カ.クリエ プレミアムクロス」

 若い頃は万年筆に興味がなかった。金額的に高価だったということもあるが、グイグイと強く書く癖があったので、万年筆の書き味の良さがわからなかったのだろうと思う。歳を重ねて中高年の域に入ってくると、これまでと違って筆圧をかけずにスーッとかける万年筆が使いやすく感じきた。今では安いものが中心ながら、職場のデスクに数本置いているほか、ペンケースにも入れているほど万年筆好きになってしまった。

 万年筆で書き始めてから改めて気になってきたのが紙のこと。ボールペンやシャープペンシルを使っている頃は気にならなかった「裏抜け」が、万年筆を使う場合にはやはり気になってしまう。ノートや手帳も割とその多くが裏抜けしてしまうが、いつも使っているノートに新たに紙質にもこだわったタイプが出たので使ってみた。

「カ・クリエ プレミアム」のこだわり

f:id:polepole103:20160227211020j:plain

  社内の会議や外出先での打ち合わせに使っているのは、PLUSが発売している「カ.クリエ A4×1/3 方眼 5mm罫」という手帳のようなノート。A4の三分の一よりもほんの少し大きいサイズで、A4サイズの資料を三つ折りにして挟んだり貼付けたりできるのが便利だ。

f:id:polepole103:20160403195621j:plain

 しかし、万年筆で書くと裏写りしてしまうので、このノートを使う時にはもっぱらボールペンを使っている。しかし、可能であれば万年筆を使いたいなと思っていたところ、今回「カ.クリエ A4×1/3 プレミアムクロス」というタイプが新たに発売された。

 さっそく使い始めたが、価格が倍近くするだけあって見た目もチープさが無くなっていて良い。表紙は耐久性のある紙クロスを使っていて、見た目の良さだけではなく汚れにくいという特徴もある。

f:id:polepole103:20160403205253j:plain
http://bungu.plus.co.jp/product/note/cacrea/

 最も特徴的なのが、万年筆を使っても裏抜けや裏移りのしにくいパスピエクリーム紙を採用している点だ。パスピエクリーム紙は北越紀州製紙株式会社の製品で、なめらかな書き心地が特徴の洋紙だ。主に書籍用として使われている紙だが、それを使っているというのもプレミアムならではだと思う。

 実際に書き込んでみると裏抜けがなく、ペン先がスーッと滑っていくような感覚を覚える。個々人で感じ方は異なるだろうが、他のノートと比べて万年筆との相性は抜群に良いと感じた。

 値段は少々高くなるものの、毎日使い物だけにストレスのない書き心地というのは捨てがたい。しばらくはこのタイプを使い続けてみようと思う。

プラス ノート カ.クリエ A4×1/3 プレミアムクロス グロッシーパープル 77-949
 

テンプレートを上手に使う

f:id:polepole103:20160403195643j:plain

 プラス株式会社のカ.クリエサイトには、カ.クリエで使えるテンプレートが用意されている。いろいろなタイプのスケジュール、カレンダー、ToDoリストが用意されているので、これをプリントアウトして貼り付けることができる。

 単に「ノート」として使うのも良いが、こういったテンプレートを使うことで「簡易な手帳」としても使うことができるだろう。A4版を三つ折りにするとほんの少し余白ができるこのノートならではの使い方だなと思う。

 ちょっとした工夫で便利に使う。それもまた、文房具を活用するためのひとつの心得かもしれない。