読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

自宅のWi-Fiをコスパの高い小型無線LAN中継器で全室に行き届かせてみた

PC PC-周辺機器

 自宅では無線LANを使い、MacやPC、スマホやiPadなどをWi-Fiに接続して使っている。数年前には有線でWeb接続をしていたが、そのことをすっかり忘れてしまうぐらい無線LANを便利に使っている。

 しかし、親器がリビングの隅にあるため一番離れた部屋では電波が届きにくい状態だった。プリンターが一番離れた部屋にあるのでいつも不便に感じていたし、むすこの部屋も電波が届きにくかった。配線の関係で親器を移動することができないため、あれこれと悩んだ結果、コストパフォーマンスの良い無線LAN中継機を取り付けてみた。

 これが実に簡単に接続することができたうえに、非常に快適に全室でWi-Fiが使えるようになった。

エレコムの小型無線LAN中継器

f:id:polepole103:20160402202441j:plain
http://www2.elecom.co.jp/products/WTC-300HWH.html

 今回、無線LANの中継機として使ったのが、エレコムの「WiFi 無線LAN 中継器 コンセント直付けモデル(WTC-300HW)」という商品だ。いろいろなレビュー記事を読んでみたが、「価格が安い」「コンパクト」という2点に絞った結果、この機種が良いだろという結論になった。

 Amazonで2,670円という定価の半額以下で購入することができ、コンセントに直接挿すというコンパクトさが気に入った。

f:id:polepole103:20160402184054j:plain

 我が家の廊下にまったく使っていないコンセントがあったので利用したが、取り付けているのを忘れてしまうぐらいのコンパクトさだ。写真で見ると割と大きめに感じるかもしれないが、大きさは「幅58.5mm×奥行き22mm×高さ47.5mm」なのでかなり小さい。

 無線ルーター(親機)にWPS(Wi-Fi Protected Setup)ボタンがあれば接続も実に簡単で、親機近くのコンセントに中継器を挿して親機のWPSボタンを押すだけ。中継器が接続されるとランプが点灯するので、設置したいコンセントに中継器を挿し直せば設置完了だ。

 親機と中継器のネットワークは同じ表示になるので、スマホなどのWi-Fi機能を再設定する必要もなくスムーズに使い始めることができる。

 マンションや一軒家で無線LANの電波が届きにくい場所がある場合には、かなり有効でコストパフォーマンスの高い機器だと思う。

ELECOM WiFi 無線LAN 中継器 コンセント直付けモデル 11n/g/b 300Mbps WTC-300HWH

ELECOM WiFi 無線LAN 中継器 コンセント直付けモデル 11n/g/b 300Mbps WTC-300HWH

 

Appleの無線ルーター「AirMac Expressベースステーション」を中継する場合

f:id:polepole103:20160402210918j:plain

 我が家の無線LANはApple AirMac Expressベースステーションを使っているが、この機器にはWPSボタンが装備されていないので、Macで管理画面に入って手動設定を行う必要がある。

 中継器に備え付けのセットアップガイドが分かりやすいので、手動設定の場合でもそれほど手間ではない。しかし、ベースステーションの各種設定を事前に調べておく必要があるので、それが少し手間かもしれない。

 設定には「SSID(アクセスポイントの識別名)」や「チャンネル」などを調べておく必要があるが、調べるためにはMac本体からWi-Fi環境を調べることになる。最初は何が何だかわからなかったが、Webでいろいろと調べてみるといろいろな方法が見つかった。

 MacのアンテナマークをOptionを押しながらクリックし「"ワイヤレス診断"を開く..」から調べられることや、リンゴマークからWi-Fi環境を調べられることまでしっかりと載っているサイトに出会い、無事に確認することができた。ありがとうございます。

 AirMac Expressベースステーションなど、WPSボタンのついていない親器でWi-Fiを使っている方は下記のブログをぜひご覧いただきたい。

fujikuro.blog.so-net.ne.jp