読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

ちょっとした心遣いに使いたい便利で可愛い「ふくろ箋」

文房具 文房具-おすすめ

 皆で撮った集合写真やお礼のメモ、懇親会費や子どもへのお小遣いなど、ちょっとしたものを誰かに渡すものという機会は案外多い。そんなときに「ちょっとした心遣い」ができる文房具がある。

メモのようにはがして使える「ふくろ箋」

f:id:polepole103:20160330155944j:plain

 便箋やメモのように綴じられていながら、ぺりっと剥がすと袋になるのがミドリの「ふくろ箋 」という商品。素敵なデザイン文具などを発売しているミドリらしく、見た目も楽しくておしゃれな文具だ。

f:id:polepole103:20160330220703j:plain

 一見すると便箋のようだが、上部に切れ目が入っていて袋状になっている。大きめのサイズなら写真やポストカードを入れられるだろうし、小さいポチ袋サイズなら小銭を入れて渡しても良い。

f:id:polepole103:20160330220719j:plain

  私はMサイズとSサイズの2種類を持ち歩いているが、職場で使う時には懇親会の会費などお金を渡す場面が多い。千円札などお札を渡す時にはMサイズを使い、小銭を渡す時にはSサイズを使うという感じだ。

 こういう時にお金を何にも入れずに渡す人も多いと思うが、どうせならこういった袋に入れて渡すことをお勧めしたい。日本には「裸銭」という言葉があり、袋に入れずにそのままお金を渡すのは失礼だと言われているからだ。

 日本にはモノを「包んで渡す」という文化があるので、そこから派生した考え方だと思うが、渡された方が思わず笑顔になるような袋に入れて私のは心遣いとして良いことだと思う。

 また、表面にはメモを書くスペースもあるので、領収書やレシートなどを分類して入れても良いだろう。使い方ひとつでいろいろと便利に活用できるだろうし、ちょっとしたことながら相手への心遣いが感じられる商品だと思う。

ミドリ ふくろ箋<M> ポケット ボーダー柄 34442006

ミドリ ふくろ箋 ポケット ボーダー柄 34442006

 
ミドリ ふくろ箋 <S> 縦 ボタン柄 34421006

ミドリ ふくろ箋 縦 ボタン柄 34421006

 

種類豊富な「ふくろ箋」シリーズ

 「ふくろ箋」にはサイズが複数あるが、絵柄もバリエーションに富んでいる。可愛い絵柄から落ち着いた絵柄まで豊富にあるので、好みや用途に合わせて選ぶのも良いだろう。

f:id:polepole103:20160330221045j:plain

 その他にも「おてがみふくろ箋」という商品があり、レターセットとして使うことを想定している。「ふくろ箋」と同じく便箋のように綴じられた封筒と、便箋、封緘シールがセットとなっている。

 普通の手紙に使うのはもちろんのこと、ちょっとしたお礼や挨拶を書いて入れれば、渡された方も気分が良いだろうと思う。 

ミドリ おてがみふくろ箋 街柄 34475006

ミドリ おてがみふくろ箋 街柄 34475006

 

 「気遣い」と「心遣い」の違い

 気遣いと心遣いは、似ているようで微妙に異なる。

 気遣いは、相手が失敗したり困ったりしないようにどうすれば良いかを、自分の考えを中心に対応することだろう。例えば、電車の中で妊婦さんや高齢者を見かけたら席を譲るとか、お客様が来られたらドアを開けるというようなことだ。

 一方で心遣いは、相手が喜んだり楽しくなったりするにはどうすれば良いかを、相手の状況などを中心に考えて対応することだろう。例えば、暑い中を歩いて訪問してくれた方に冷たいおしぼりをさりげなく出すだとか、贈り物に一筆感謝の気持ちを書いたものを添えるだというようなことだろう。気遣いよりも一段気持ちがこもっているような感じだ。

 解釈はいろいろとあるだろうし、気遣いと心遣いのどちらが良いという話ではない。大切なのは、相手を思いやる気持ちであり、自分よりも相手を優先する「無私の心」を持つことなのだろうと思う。