読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

おしゃれな文具店「ハルカゼ舎」(世田谷区経堂)の福袋をネットで思わず衝動買い

文房具 文房具-店舗

 欲しいものがあってもすぐには買わず、しばらく考えてから本当に欲しかったら買うことが多い。値段の多寡にかかわらずそういう買い方をするのだが、なぜかひょんなときに思わず衝動買いすることがある。文房具系だと特にその傾向が強いようだ。

大好きな文具店の福袋  

f:id:polepole103:20160117081712j:plain

https://twitter.com/har_ukaze

 衝動買いというか「衝動申し込み」をしたのが、東京都世田谷区の経堂にある「ハルカゼ舎」という文具店の福袋。何回かお店を訪れて「素敵な雰囲気のお店だな」と思っていたが、たまたまツイッターを開いたら数分前に投稿されていたのがこの記事だった。 

 福袋の価格は1,000円で、内容は古いキーホルダーを含めた文房具類。内容物の写真を拝見したが、実際に手元に届くまで具体的にどのような感じの内容なのかは良くわからない。わからないが「この機会にぜひ!」の一言に惹かれて、これも何かのご縁だと思い早々に申し込んだ。

 お店でセレクトした商品が届くというのは、ちょっとしたワクワク感があって楽しい。

「ハルカゼ舎」は静かな商店街にある静かな文具店

(以前掲載した記事をリライト)

 「ハルカゼ舎」は、東京世田谷区の経堂にある小さな文具店。小さいながらも品揃えが良くて、センスの良さが光るお洒落な文具店だ。

 小田急線の経堂駅を降りて北口ロータリー側に行くと、信号を渡ったところからすずらん通り商店街が延びている。お団子屋さんや駄菓子屋さんなどもある昔ながらの商店街で、この商店街を歩くだけでも楽しい。

f:id:polepole103:20141112171359j:plain

 一方通行の狭い商店街の道をのんびり5分ほど歩くと、道の左側に「ハルカゼ舎」の明かりが見える。商店街特有の賑やかな雰囲気が徐々におさまってくる辺りなので、初めて訪れる時には目指すお店が本当にあるのなかと少々不安になってくる。

 お店は前面が全てガラス戸になっていて、道路からも店内が綺麗に見えるのでとても入りやすい。私のようなおじさんでも気軽に入れる雰囲気なのがありがたい。

f:id:polepole103:20141112171455j:plain

 商店街のかなり奥にあるので、立地条件としては決して良いとは言えないが、商店街の奥にあることで逆に落ち着いた雰囲気をかもしだしているのも事実だ。 文具類や雑貨類が本当に好きな人が、わざわざ探してまで来るようにお店なんだと思う。

f:id:polepole103:20141114053633j:plain

http://kurashinomoto2009.blog45.fc2.com/blog-entry-126.html

 店内に一歩入ると、手頃な広さの空間に様々な文具類がひしめいている。マスキングテープや手帳やノート類、手帳に使う小物雑貨やレトロ調の文具類など楽しい品物が並んでいる。

 文具店や雑貨店のなかには、布バッグやキャンドルやディッシュケースなどの雑貨を豊富に置いてあるお店もあるが、ここでは「ちょっと珍しくてお洒落な文具」を中心の品揃えとなっている。ハッキリ言って好みのお店だ。

f:id:polepole103:20141112192624j:plain

 この日買ったのは、カードケースと手帳用のペンクリップ、そしてロウ引きの小物入れ。どれもセンスの良い素敵な文具類だが、特にロウ引きの小物入れはとても手触りが良く、事務机の上に置いても自宅のテーブルの上に置いても違和感がない。

 ネットなどで見かけて「これ、良いな」と思った品物がさりげなく置かれているお店。何回でも訪れたくなる、落ち着いた雰囲気の居心地の良いお店だった。

f:id:polepole103:20141113063711j:plain

住所:東京都世田谷区経堂2-11-10
営業時間:12:00〜20:00
定休日;毎週火曜日及び第1・第3水曜日

http://harukazesha.com

ちょっとしたワクワク感が楽しい

 今回、思いがけず福袋を申し込むことになったが、価格が1,000円と安価だったことも理由の一つだし、文房具という必ず使うであろうものだったというのも理由の一つだ。ささやかな自分へのご褒美という感じだろうか。中身はある程度分かっているものの、それでも「ちょっとしたワクワク感」があって楽しい。

 年初めで何かと忙しく動いている時にこそ、こういった「ちょっとしたワクワク感」が生活の中に入ってくることでメリハリが出るような気がする。「福袋」とは「得をする袋」ではなく「幸福感を得る袋」という意味もあるんだろうと思う。