読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

今からでも遅くない!年賀状をウェブで作って投函してもらえるサービスがある

 仕事納めも終わって年末年始の休みに入ったが、師走の忙しさにかまけて年賀状書きが延び延びになっていた。毎年の恒例行事のようになってしまった感があるが、夏休みの宿題を一夜漬けで片付けていた癖が何十年たっても治らないらしい。

 最近ではメールやSNSなどで新年の挨拶をする方が多くなったようだが、手紙やハガキを送ることが少なくなったからこそ年に一度の年賀状はきちんと送りたい。時間が無い方や私のように書くのがすっかり遅くなった方には、ウェブで手軽に発送ができるサービスを利用するのも良いかもしれない。昨年もこの時期にご紹介させていただいたが、リライトして再度ご紹介させていただきたい。

年賀状の宛名書きから投函までWebで対応

f:id:polepole103:20151229224851j:plain

 年賀状の印刷から宛名書き、投函までを行ってくれるのが「ウェブポ」というサービス。年賀状の裏面を作成したり、住所録を登録したりすることで簡単に宛名書きまで注文出来るというサービスだ。

「ウェブポ」はリプレックス株式会社が日本郵便株式会社と連携してお送りする、オンライン総合年賀状サービスです。お好みのデザインが印刷されたお年玉くじ付年賀はがきを、ウェブですぐにご注文いただけます。

 宛名書きを無料で行ってくれるというサービスも助かるが、自宅の送るのではなく直接ポストに投函してもらうことも可能なので、忙しい時にはとても便利だなと思う。

 また、裏面に一人一人個別のメッセージを添え書きすることもできるので、「年賀状には一筆添えたい」という場合にも便利だ。

f:id:polepole103:20151229225511j:plain

 裏面の種類もかなり豊富に用意されているので、自分の好みにあった絵柄を選んで送ることもできるし、相手によって違う絵柄を指定することもできる。また、1枚単位で作成することもできるので、年賀状を多めに買ってしまい結局残してしまうということもなくなる。

 宛名書きから投函まで行ってくれるというサービス内容を考えると、忙しい方には決して高くはない価格設定だ。

住所を知らなくても年賀状が出せる

f:id:polepole103:20151229225909j:plain

 このサービスのもう一つの特徴は、住所を知らない相手にも紙の年賀状を送ることができるという点。といっても、メール等で画像版の年賀状を送るのではなく、実際に印刷された年賀状を送ることができるという点が面白い。

 Twitterのアカウントやメールアドレスしか知らない人にでも、TwitterやGmailと連携することで、年賀状の受け取り確認メールが送信されるという仕組みだ。相手は受け取り確認メールを受信後に、自分で住所や氏名を入力することで年賀状が届く。個人情報にも配慮した面白いサービスだなと思う。

一手間かけるところに意味がある

 年賀状だけではなくちょっとした書類を送るときや品物を送るときにも、挨拶などをしたためた手紙やカードを入れるというのはとても大切なことだ。最近ではメールやSNSで手軽に相手に連絡を取ることができるが、だからこそ一手間かけることに意味がある。

 自分の時間を使って相手に言葉を贈るということは、その人のことを大切にしているということにつながるのではないかと思う。相手のことを考えながらその人のために時間を使う。時間は有限なだけに一番の贈り物だろう。

 しかし、相手がそのことをきちんと受け止めてくれるだけの感性がないと、相手に対する想いは伝わらない。その辺の見極めも実は必要だったりする。相手のために一手間かけるためには、その人の性格や感性を見極めるという一手間も必要だということだろう。