読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

これは画期的、修正テープのような使い心地の「ブライトライナーテープ 蛍光」

 昔は赤ペンを使って教科書などの大事な部分に下線を引いていたが、昭和50年代になると蛍光ペンが一般的に使われるようになってきた。いまでは職場でも家庭でも重宝される蛍光ペンだが、薄い紙などや家庭用プリンターで印刷した紙では文字がにじんだりすることがある。そういった「蛍光ペンの使い難さ」を補う新しいタイプの蛍光テープが発売されている。

修正テープのような使い心地

f:id:polepole103:20151112211834j:plain

 修正テープのような形状をしたこの文房具は、ビッグ社が発売している「Bic ブライトライナーテープ 」という商品。蛍光ペンのかわりに書類にマークをするための道具だ。 

 ころりとした可愛い形状のこの商品は、先端の部分をくるりと回すと蛍光テープが出てくるので、修正テープを使う要領で強調したい部分をマーキングしていく。

 テープだからにじまない、真っ直ぐきれいに引ける!いつでも発色・色鮮やか! 新聞などの薄い紙でも裏移りの心配なく、修正テープの要領で正確にきれいにマーキングができます。 

 新聞などの薄い紙でも裏写りをしないので、にじまず的確にマーキングを行うことができる。また、蛍光ペンの場合にはどうしてもジグザクとした線になってしまうが、この商品ならまっすぐに引くことができるというのも特徴だ。

f:id:polepole103:20151112212028j:plain

 実際に使ってみたら蛍光ペンと同じように引くことができて、そのうえまっすぐに引けるので見た目も綺麗だ。 お客様用のプレゼン資料にあえてこのテープで強調したい部分をマーキングしても良いだろう。 

 いろいろな使い方ができそうなこの蛍光テープは、引き出しの中にひとつあれば便利に使うことができそうだ。

BIC 蛍光ペン ブライトライナーテープ  BLGTFPNK1PBLS ピンク

BIC 蛍光ペン ブライトライナーテープ BLGTFPNK1PBLS ピンク

 

蛍光ペンとの使い分けが必要

f:id:polepole103:20151112211924j:plain

 この商品は、蛍光ペンのかわりというよりは、用途に応じて蛍光ペンとの使い分けをしたい商品だ。まっすぐ引くことができたり裏写りがしないというのは便利だが、急いで使いたい時には少々手間取る。

 また、細い部分に線を引く時や文字に下線を引く時には、蛍光ペンであればペンを縦にして使うことができるが、テープの場合にはそういった技を使うことができない。

 綺麗に仕上げたい時には蛍光テープを、気軽に使ったり急いで使いたい場合には蛍光ペンを使うという使い分けをしたほうが、より便利にマーキングができるだろうと思う。

意外性のある商品に惹かれる

 暇があれば書店か文房具店を覗いているが、今回ご紹介した商品のように一目見た時に「これなんだろう?」と思わせてくれる商品にはついつい興味を惹かれる。いわゆる「キャッチーな商品」ということになるのだろうが、これはけっこう大切な要素だと思う。

 商品はまずは手に取ってもらうことが大切だが、これが簡単なようでなかなか難しい。販売会などを行うと良く分かるのだが、お客様が商品を「見る」ことと「手に取ること」との間には大きな差があって、手に取ってくれれば購入してくださる可能性がググッと高まる。

 そのためにも、まずはキャッチーな形態や用途を前面に出して、そのうえで使いやすかったり便利だったりとう特徴があると一気にブレイクするのだろう。そういう商品を発掘した時に感じる優越感というようのものもまた、文房具好きの醍醐味だろうと思う。