読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

かわいい付箋紙「コクヨ タックメモ カバー付 キャンパスB罫デザイン」

 付箋紙は職場でも家庭でも良く使う道具で、手帳のしおりやマークとして使う他にも、ちょっとしたメモを書いておくのに重宝する。いろいろなタイプの付箋紙が発売されていて、用途に合わせて揃えてみるというのも良いかもしれない。  用途だけではなく携帯しやすさというのも大切な要素だが、先日お気に入りの文具店で見つけた付箋紙は、持っていて楽しいなと思える付箋セットだった。

キャンパスノート風の付箋紙セット

f:id:polepole103:20151112211555j:plain

 東京のJR三鷹駅近くにある文具店で見かけたのが、キャンバスノートを小さくしたカバーがついた「コクヨ タックメモ カバー付 キャンパスB罫デザイン」いう付箋紙だ、写真で撮るとキャンパスノートそのものに見えるが、実際には手のひらサイズのカバー付き付箋紙として販売されている。

f:id:polepole103:20151112211614j:plain

 表紙を開くと細長い付箋紙が2種類入っていて、内容によって使い分けることができるようになっている。カバーが付いているので、汚れたり曲がったりしにくいのが嬉しい。

f:id:polepole103:20151113142417j:plain

  私は普段落ち歩いている手帳にセットしてみたが、ミニチュアを持ち歩いているようで楽しい。中身は普通の付箋紙なのだが、表紙をつけてデザインを考えるだけで思わず手が出る商品になっている。「デザインは商品力を上げる」という良い見本だろう。  

 付箋紙を使っていると机の上や引き出しの中で眠らせてしまいがちなだが、これなら最後まで忘れずに使い切ることができそうだ。

 お気に入りの山田文具店

f:id:polepole103:20140117110818j:plain

  「山田文具店」は以前から時々通っているお気に入りの文具店で、それほど広いとは言えない店舗内に懐かしいものから珍しいもの、新作までがバランスよく置いてある。いつ行っても飽きない文具店だ。

  東京のJR三鷹駅南口から歩いて5分ほどの場所にあるこのお店は、通信販売も積極的に行っていてファンも多い。置いてある品物は、お店のホームページに書かれているとおり「はじめて見るはずなのに、なぜか懐かしい」という品物ばかりだ。

 子ども達が学校で使うものを買いに来るというよりは、大人が「持っていて楽しい」と思えるような品物が揃っていて、足しげく通う常連客も多いようだ。こういうお店が近くにあれば、毎日でも通ってしまいそうだなと思ってしまう。

 気分転換にも良い「山田文具店」の品揃え。文房具類がお好きな方は、機会があればぜひ一度覗いてみてはいかがだろうか。 

◇山田文具店

住所 :〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ1階
TEL  :0422-38-8689
FAX  :0422-49-0008
定休日:不定休
営業時間:平日 11:00-19:00 土日祝 11:00-20:00

 「持っていて楽しい」というのは重要だ

 文房具は「機能が必要」となって買うものと、「持っていて楽しむ」という用途で買うものとがある。

 本来、文房具類は「必要だから買う」というのがほとんどだが、「持っていたいから買う」ということもあるだろう。今回買った付箋紙はまさしくその類だが、数百円で買うことのできる文房具だからこそのささやかな衝動買いだろう。ある意味では、自分へのちょっとしたご褒美的な感覚だとも言える。

 だからこそ、文具店を見て歩くのはやめられない。